読書の感想:歴史

読書の感想:歴史

「剣聖―乱世に生きた五人の兵法者」の感想

剣の境地をめざす、上泉伊勢守、塚原卜伝、宮本武蔵、佐々木小次郎、柳生石舟斎たちの物語です。 何かを極めるっていうのは、何にどれだけ時間を使ったかっていう足し算の結果、その「和」がどれだけ突出しているか。 何かを極めるって...
読書の感想:歴史

「渋沢栄一 100の訓言」の感想

できるかどうか分からなくても、やらなきゃならないときが人にはときどきあって。そういうきわどい瞬間の積み重ねが、あとから見ると「ああ、人生だったな」って思えるのかなって。 どこまでがきわどくて、どこからがきわどくないか。それは人...
読書の感想:歴史

「尻啖え孫市」の感想(司馬遼太郎)

織田信長の最大の敵は、上杉謙信でも武田信玄でもなく本願寺だったとも言われます。お寺です。その本願寺が頼りにした鉄砲チームのリーダーが、本作の主人公・雑賀孫市です。 雑賀孫市は本願寺から頼りにされるだけでなく、信長からもラブコー...
読書の感想:歴史

司馬遼太郎「項羽と劉邦」の感想

むかしの中国を舞台にした歴史小説です。 有名な、項羽と劉邦の戦いを描いています。 遊び人が仲間と冒険の旅に出て、自分たちの帝国をつくった実話です。 むかしの中国はいくつかの国に分かれていて、つねに争いが起きていまし...
読書の感想:歴史

「世界史のための人名辞典」の感想

高校生、大学生はもちろん、社会人の一般教養や趣味にも役立つ世界史の人名辞典です。 世界史のための人名辞典 ほかの人名辞典と何が違うのか 世の中にはすでにたくさんの人名辞典がありますよね。でも、ある人名辞典は情報量が多すぎてかえ...
読書の感想:歴史

「河合敦の思わず話したくなる戦国武将」の感想

戦国武将のエピソードを紹介した本です。 これまで真実だと思われていたエピソードのウソを暴いたり、あまり知られていなかった意外な真相を集めたりしています。 70以上の逸話 どんな話が載っているかというと…。 たとえば、...
タイトルとURLをコピーしました