文字の無い本を読み、弦のない琴を弾く(菜根譚)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

あーりーです。

『菜根譚』のゆる~い現代語訳を書いています。

現代語訳のトップページはこちら

菜根譚には「前集」と「後集」がありますが、今回は「後集」の006から010の訳です。

スポンサーリンク

後集006 水に映る月

静かな夜。

鐘の音を聞いて、夢の中の夢から目覚めます。

水に、月が映っています。

水に映る月は、本物の月ではなく、ただそこにあるように見えるだけ。

それと同じように、自分の体も仮の姿なのかも知れません。

後集007 鳥の声も虫の音も

鳥の声も、虫の音も、すべて真理を伝えるものです。

草も、花も、真理のあらわれです。

天から与えられた心を大切にし、澄みわたらせましょう。

出会うものすべてが真理だということに、気が付きましょう。

スポンサーリンク

後集008 文字の無い本を読み、弦のない琴を弾く

人は、文字のある本を読むことはあっても、文字のない本は読めないと思っています。

人は、弦のある琴を弾くことはあっても、弦のない琴は弾けないと思っています。

文字や弦など、目に見えるものに頼って、目に見えないものに気が付かないのは、本当の意味で読書や音楽を楽しんでいるとはいえません。

後集009 音楽と読書

心に物欲がなければ、その心は秋空や晴れた海のようなものです。

かたわらに琴と本があれば、その場所はそのまま仙人の楽園のようなものです。

後集010 あっという間

仲間が集まってワイワイさわぐのは楽しいものです。

でも…

ふと気がつけば、ロウソクの火も残り少なくなって、香りも消えかけ、お茶も冷えています。

うかれて楽しく過ごした時間は、あっという間です。

そう気づいて、みんな残念な気持ちになります。

世の中の享楽や繁栄も、こんな感じです。

うかれて自分を見失わないようにしたいですね。

『菜根譚』の現代語訳トップページ

Amazon 菜根譚
関連記事コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

自己紹介

あーりーと申します。アクセスありがとうございます。布団でぬくぬくしながら本を読んだりスマホでテレビを見たり、のんびり過ごすのが好きです。

ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ