人に一歩ゆずれば自分が一歩進める(菜根譚)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

あーりーです。

『菜根譚』(さいこんたん)のゆる~い現代語訳を書いています。

今回は「前集」の016から020です。

スポンサーリンク

前集016 受け取るときは控えめに

称賛や愛情、利益を得るとき…

人の前に出て、でしゃばってまで受け取るのは止めたいですね。

徳のある行いをするとき…

人の後ろにいて、おくれを取ることのないようにしたいですね。

受け取るときは、受け取るべき範囲を超えないように。

行うときは、行うべきことプラス・アルファで行えるように。

前集017 人に一歩ゆずれば自分が一歩進める

人に一歩ゆずるのは良いことです。

ゆずった一歩は、めぐりめぐって自分自身の飛躍の一歩になります。

人と付き合うときは完璧を求めず、広い心を持つと幸せでいられます。

人のためにすることが、結局は自分のためになるのです。

スポンサーリンク

前集018 自慢したら台無し

どんな偉大な業績も「自慢」したら消えていきます。

天をおおうほどの罪過も「後悔」すれば消えていきます。

前集019 自慢しないことが自分を高める

すばらしい名誉は独占せず、人と分かち合いたいものですね。

そうすれば他人からの妬みを避け、自分を守ることができます。

失敗や悪評はぜんぶ他人のせいにするのではなく、責任を多少は引き受けたいものですね。

そうすれば自慢しなくても、自然と自分を高めることになります。

前集020 やり過ぎないように

何ごとも少し余裕を残して、やり過ぎないようにしましょう。

そうすれば神にも嫌われないし、鬼にも襲われることがありません。

すべてに完全を求めてしまうと「内部」に異変が生じます。

または「外部」に憂いを生むでしょう。

『菜根譚』の現代語訳トップページ

Amazon 菜根譚
関連記事コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

自己紹介

あーりーと申します。アクセスありがとうございます。布団でぬくぬくしながら本を読んだりスマホでテレビを見たり、のんびり過ごすのが好きです。

ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ