「名将に学ぶ人間学 この人間力を盗んでみよ」の感想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

童門冬二さんの著書『名将に学ぶ人間学―この「人間力」を盗んでみよ』の感想です。

名将に学ぶ人間学―この「人間力」を盗んでみよ! (知的生きかた文庫)

童門冬二さんは、現代のぼくらにも役立ちそうな人間関係のエッセンスを、戦国武将のエピソードからすくあげるのがとても上手ですよね。

しかもエピソードを説明するとき、登場人物たちの会話を織り交ぜながら、わかりやすく表現してくれます。

だから小説を読むようにスーッと頭に入ってきます。歴史の本と聞いただけで「ちょっととっつきにくそうだな」と感じる人にも抵抗なく読んでもらえると思います。

書かれている内容は、「風見鶏」を積極的に評価しよう、気疲れする部下は切ってしまえ、「昔のよさ」でいまの時代は乗り切れない、不平分子を味方につける唯一の方法、悪評をいちいち雑巾で拭くな…等、泥くさくて骨太です。

名将に学ぶ人間学―この「人間力」を盗んでみよ! (知的生きかた文庫)

関連記事コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

自己紹介

あーりーと申します。アクセスありがとうございます。布団でぬくぬくしながら本を読んだりスマホでテレビを見たり、のんびり過ごすのが好きです。

ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ