孫子の兵法 スパイの中でも「二重スパイ」を優遇する

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

古典の名作『孫子の兵法』のゆる~い現代語訳を書いています。今回は用間編その5です。

現代語訳のもくじは孫子の兵法トップページをご覧ください。

スポンサーリンク

用間編 その5

どうも。孫子です。

軍隊で攻撃しようとする場所や、敵の城、狙いを定めた人物などがあれば、まずスパイを使って調べます。敵の司令官や、有力な将軍、メンバー、ガードマンなどの名前を調べるんです。

こちらが敵にスパイを送り込むのと同じように、敵もこちらにスパイを送り込んでいます。

そのスパイを見つけたら、仲間に引き入れましょう。敵のスパイを、こちらのスパイにするんです。

二重スパイです。

以前、スパイ活動の5つの種類をご紹介しました。

1.因間(いんかん)、郷間(きょうかん)

2.内間(ないかん)

3.反間(はんかん)

4.死間(しかん)

5.生間(せいかん)

です。

二重スパイとは「反間」のことです。「反間」を作ることによって、ほかの4種類のスパイ活動もやりやすくなります。

つまり。

「反間」ができれば、それを通じて敵国内にスパイを作りやすくなります。敵の民間人をスパイにする「因間・郷間」や、軍人や官僚をスパイにする「内間」が可能になります。

そうなれば、死を覚悟したスパイ「死間」を敵国に送り込んで、ニセの情報を流すこともできます。さらに生きて帰ることを前提とした「生間」も活躍しやすくなります。

と、こんなふうに…

すべては「反間」から始まります。

ぜひ「反間」を優遇しましょう!

孫子の兵法 わかりやすい現代語訳 トップページ

A8 Amazon孫子

『孫子の兵法』おすすめの本

『孫子の兵法』に関する本はとてもたくさんあります。

中でも、ぼくがすごく気に入っている本がコチラです。

 

 

 

 

これ1冊読み込めば、『孫子の兵法』を読んだことがあるよ!と、他人に堂々と話せるくらいまで理解できます。

関連記事コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

自己紹介

あーりーと申します。アクセスありがとうございます。布団でぬくぬくしながら本を読んだりスマホでテレビを見たり、のんびり過ごすのが好きです。

ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ