孫子の兵法 始めは処女のごとく後は脱兎のごとし

古典の名作『孫子の兵法』のゆる~い現代語訳を書いています。

 

今回は九地編その8です。

現代語訳のもくじは孫子の兵法トップページをご覧ください。

 

九地編 その8

どうも。孫子です。

はじめは静かな乙女のように振る舞いましょう。

すると敵は隙を見せたり、城門を開いたりします。

あとは脱兎のように俊敏に行動します。

敵はなすすべがないでしょう。

孫子の兵法 わかりやすい現代語訳 トップページ

タイトルとURLをコピーしました