孫子の兵法 敗北には6つパターンがある

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

古典の名作『孫子の兵法』のゆる~い現代語訳を書いています。

今回は地形編その2です。

現代語訳のもくじは孫子の兵法トップページをご覧ください。

スポンサーリンク

地形編 その2

どうも。孫子です。

前回は地形による戦い方のちがいについてお伝えしました。

きょうは負け方の話をしたいと思います。

負け方には6つのパターンがあります。

一つずつ説明しますね。

1.走る

敵と味方の兵力が同じだとします。

それなのに味方の兵力を十分に集中しきれず、10倍の敵と戦う状況になると…

兵士は逃亡します。

これが「走る」という負け方です。

2.弛む(ゆるむ)

兵士たちは強いのに、指揮官が弱い場合も負けます。

兵士たちが命令に従わず、ゆるゆるになってしまいます。

これが「弛む」という負け方です。

3.陥る

指揮官が強いのに兵士が弱い場合も負けます。

これが「陥る」という負け方です。

4.崩れる

現場のリーダーがムダに体育会系で、後先考えず行動する場合も負けます。

指揮官が現場をコントロールできなくなるんです。

これが「崩れる」という負け方です。

5.乱れる

指揮官の統率力が弱く、メンバーの規律が乱れている場合も負けます。

これが「乱れる」という負け方です。

6.北げる(にげる)

指揮官が敵のことをよくわかっていなくて、少ない兵力で大軍を攻めたり、弱い兵で強い敵を攻めたりとメチャクチャな場合も負けます。

これが「北げる」という負け方です。

以上が負け方の6つのパターンです。

指揮官の責任は重大ですね。

孫子の兵法 わかりやすい現代語訳 トップページ

A8 Amazon孫子

『孫子の兵法』おすすめの本

『孫子の兵法』に関する本はとてもたくさんあります。

中でも、ぼくがすごく気に入っている本がコチラです。

 

 

 

 

これ1冊読み込めば、『孫子の兵法』を読んだことがあるよ!と、他人に堂々と話せるくらいまで理解できます。

関連記事コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

自己紹介

あーりーと申します。アクセスありがとうございます。布団でぬくぬくしながら本を読んだりスマホでテレビを見たり、のんびり過ごすのが好きです。

ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ