孫子の兵法 軍形編 攻めと守りの使い分け

孫子の兵法のゆる~い現代語訳を書いています。

今回は軍形編その1です。

現代語訳のトップページはこちらです。

 

軍形編 その1

どうも。孫子です。

戦いのうまい人を研究すると、いろいろなことがわかってきます。

 

彼らは、つぎのような手順で勝ちます。

1.まず絶対に負けない態勢をととのえる。

2.それから敵がボロを出すのをじっくりと待つ。

 

ところで…

絶対に負けない態勢をととのえるのは、自分次第です。でも、敵がボロを出すかどうかは、敵次第ですよね。

 

だから…

負けない態勢をつくったからといって、必ずしも勝てるとは限りません。

 

つまり…

勝利の手順を知っていることと、それを実行できることは、別の話だということです。

 

つぎに…

「負けない」ことと「勝つ」ことについてお話しますね。

「負けない」のは、守りの話です。「勝つ」のは、攻めの話です。

 

こちらの戦力が足りないときは、「負けない」戦いを心がけましょう。

つまり守りです。

守りがうまい人は、まるであらゆる地形に身を隠しているかのように、じっとしています。

 

こちらの戦力に余裕があるときは、「勝つ」戦いができます。

つまり攻めです。

攻めがうまい人は、まるで天空を駆け下りるように攻撃します。

 

こんな感じなので、戦いのうまい人は、守れば確実に戦力を温存するし、攻めれば確実に勝利をおさめることができるんです。

孫子の兵法 わかりやすい現代語訳 トップページ

タイトルとURLをコピーしました