孫子の兵法 計編その3 兵は詭道なり

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

孫子の兵法のゆる~い現代語訳です。

今回は、計編その3です。

有名な「兵は詭道なり」の話ですね。

現代語訳のトップページはこちらです。

スポンサーリンク

計編 その3

どうも。孫子です。

戦いの本質は、敵をあざむくことです。(兵は詭道なり

たとえば…

できるのに、できないふりをする。

やろうと思っているのに、やらないふりをする。

近くにいるのに、遠くにいるふりをする。

遠くにいるのに、近くにいるふりをする。

とか。

そういうことです。

利益をチラつかせて、敵を誘いこみましょう。

こちらが混乱しているように見せかけて、敵を誘いこむんです。

敵に「むふふ。これは勝てるぞ!」と思わせておいて、討ちます。

大切なのは、戦いに備えておくこと。

もっと大切なのは、自分より強い敵とは戦わないこと。

戦うときは、敵を怒らせて、混乱させましょう。

弱いふりをして、調子に乗らせましょう。

敵を疲れさせましょう。

敵が団結したときは、仲を悪くさせましょう。

敵が想定していないところを攻めましょう。

以上が、勝利に必要なことです。

でもこういうのって、敵の出方次第なので、前もって準備ができないんですよね。

孫子の兵法 わかりやすい現代語訳 トップページ

A8 Amazon孫子

『孫子の兵法』おすすめの本

『孫子の兵法』に関する本はとてもたくさんあります。

中でも、ぼくがすごく気に入っている本がコチラです。

 

 

 

 

これ1冊読み込めば、『孫子の兵法』を読んだことがあるよ!と、他人に堂々と話せるくらいまで理解できます。

関連記事コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

自己紹介

あーりーと申します。アクセスありがとうございます。布団でぬくぬくしながら本を読んだりスマホでテレビを見たり、のんびり過ごすのが好きです。

ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ