「会話から始めるコーチング」の感想

仕事柄、コーチングの勉強をしていたことがあります。

この本は、日常の会話の中にコーチングの要素をさりげなく入れるための本です。

おもに上司から部下へのコーチングという視点で書かれています。

会話から始めるコーチング―最強のチームをつくるコミュニケーション力

どんな内容?

ざっと、こんなことが書かれています。

ほんの一部です。

  • チャンクアップとチャンクダウン
  • うまくいっているイメージのつくり方
  • こちらの要望に応えてもらいたいときどうするか
  • 認めると誉めるの違い
  • ディソシエートできる言葉のかけ方
  • 積極的になってほしいときのアソシエート

などなど。

コーチングを勉強したことがある方なら、耳にした項目も多いんじゃないでしょうか。

 

読むとのやるのとは大違い

こういう本って、どんなに良いことが書いてあっても(実際、この本はとても良いことが書いてあります。)自分次第なんですよね。

読むのと、やるのとでは大違いといいますか…。

読んだことを、ちゃんとできるかどうか、っていう。

 

コーチング全体として機能させられるか

あと、

読んだ項目の「単発」ではうまくいったとしても、それを「全体的」なコーチングとして機能させられるかっていうのも問題です。

 

たとえば…

上に内容の例として挙げた、「ディソシエートできる言葉のかけ方」。

ディソシエートとは、自分が直面している問題を客観的に見るとか、1~2歩はなれて見るという意味です。

 

言葉のかけ方としては、こんなふうになります。

 

ディソシエートできる言葉のかけ方↓

「今抱えている問題を、100年くらいたってからながめたら、どんなふうに見えますか?」

「君がした失敗が、同僚のAくんがしてしまったことだとしたら、どんなふうに思いますか?」

※本書より引用。

 

こういう質問を、会話の中ですることは可能です。

でも、そこだけうまくいっても、コーチング全体としてうまくいかないと、尻切れトンボになります。

 

ディソシエートの質問はうまくいったけど、会話全体をみたときにコーチングとしてうまくいかない。

そういうケースです。

 

そこまで考えなくていいのかな

でも、そこまで考えなくていいのかな。

だって…

この本は、「会話から始めるコーチング」というタイトルです。

だから、コーチング全体うんぬんまで考えなくてもイイのかも知れませんね。

 

会話の中に単発でちょこっとコーチング的な要素を盛り込められればそれでOK、というハードルの低さが良いのかも。

肩の力を抜いてできます。

 

「普段から」が大事

あとは…

会話の中で急に100年後のことを話し始めても不自然じゃないキャラづくりを、普段からしておけばいいだけです。これはなんとかなりそうです。

 

そう。「普段から」が大事。

コーチングは、普段からのお互いの信頼関係があってこそですもんね。

会話から始めるコーチング―最強のチームをつくるコミュニケーション力

タイトルとURLをコピーしました