モルガン財閥のゆるい伝記 第5話 クリミア戦争と投資

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

投資家「なんで却下さ?」

ピーボ「名前、長すぎ」

投資家「ジューニアス・スペンサー・モルガン。長い?」

ピーボ「うん。覚えられん」

投資家「じゃあ、略せば?」

ピーボ「なんて?」

投資家「J・S・モルガン」

ピーボ「『じゃーん!すごいモデルガン』って覚えるわ」

投資家「何でもいいけどね」

1854年10月。

J・S・モルガンはピーボディ商会の役員となった。

このJ・S・モルガンが、モルガン財閥の直接の始祖となる。

ピーボディとJ・S・モルガンの会話。

ピーボ「J・S君。これからは投資の時代だ」

J・S「はい。ピーボディさん」

ピーボ「将来性のある産業に投資すれば、お金が何百倍にもなって返ってくる」

J・S「その通りです」

ピーボ「そこで、君をテストする」

J・S「はい」

ピーボ「ここに現金がある。どさっ」

J・S「おお~! 大金!」

ピーボ「君なら、これをどんな産業に投資する?」

J・S「そんなの、ニュースを見てれば簡単ですよ」

ピーボ「そうだね」

J・S「去年から、クリミア戦争が始まってます」

ピーボ「いいところに目をつけた」

クリミア戦争(1853年~1856年)とは、ロシアとトルコが聖地イェルサレムをめぐって争った戦争のこと。

J・S「これを知っていれば、投資すべき産業はおのずと明らかです」

ピーボ「そう、武器産業だね。正解だ」

J・S「え?」

ピーボ「ん?」

J・S「武器産業に投資するのは初心者ですよね?」

ピーボ「……(汗)」

J・S「ピーボディさん、しっかりしてください」

ピーボ「あ、なんだ~。君、上級者の会話、オッケー?」

J・S「オッケーですよ」

ピーボ「一応、初心者の君に合わしたんだけどさ(汗)」

J・S「お気遣い、ありがとうございます」

ピーボ「じゃ、がんがんレベル上げて話してくよ」

J・S「お願いします」

ピーボ「で、君の考えは?」

J・S「戦争が始まると穀物が不足しますよね」

ピーボ「うん。穀物の値段があがる」

J・S「ですから、投資すべき産業は……」

ピーボ「そう、穀物産業だね。正解だ」

J・S「え?」

ピーボ「ん?」

J・S「それも芸がないですよね」

ピーボ「う、うん。よく気づいたね」

J・S「もっと会話のレベル、上げてもらっていいですよ」

ピーボ「……いいの?」

J・S「いいですよ。全然いいですから」

ピーボ「わ、わかった (-_-;) 」

J・S「穀物が不足すると……」

ピーボ「うん」

J・S「不足地域に穀物を輸送しなくはなりません」

ピーボ「そうだね」

J・S「その際の輸送手段は、鉄道ですよね」

ピーボ「うん。鉄道が忙しくなる」

J・S「はい。というわけで投資すべきは」

ピーボ「鉄道……と見せかけて、じつは違うよね」

J・S「いえ、鉄道です」

ピーボ「だね(汗)」

1854年。J・S・モルガンは鉄道に投資した。

第6話へ

モルガン財閥のゆるい伝記 トップへ戻る

関連記事コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

自己紹介

あーりーと申します。アクセスありがとうございます。布団でぬくぬくしながら本を読んだりスマホでテレビを見たり、のんびり過ごすのが好きです。

ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ