豊臣秀吉のゆるい伝記 第17話 金ヶ崎の退き口

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

挟み撃ちをされて大ピンチの信長軍……。

信長「むむむ! サル」

秀吉「はい。信長さん」

信長「おまえの心が読める」

秀吉「え。本当ですか?」

信長「きっと心が通じ合ってるんだな、おれたち」

秀吉「やった♪」

信長「おまえの考えていることを当ててやろう」

秀吉「はい」

信長「『僕がおとりになって敵を食い止めますから、信長さんは横道から逃げてください』」

秀吉「えっ……」

信長「では、お言葉に甘えて」

秀吉「いや、ちょっと」

信長「ん?」

秀吉「僕、そんなこと考えてませんよ」

信長「またまた~。君の心はお見通しだよ。じゃ、がんばって!」

秀吉「……」

信長は秀吉に殿軍(しんがり)をまかせてさっさと逃げた。

殿軍とは、味方を逃がすための犠牲、いわばトカゲのしっぽの役割である。

殿軍をつとめることは死を意味する。

わずかな兵力で殿軍をつとめることになった秀吉は……

秀吉「(゚∀゚)おれ、ピ―――ンチ!」

兵士「手元の兵力はたった数百人です。少なすぎます」

秀吉「ここ、なんていう土地?」

兵士「金ヶ崎(かねがさき)です」

秀吉「ここがおれの墓場になるのかぁ」

兵士「あきらめないでください」

秀吉「だってさぁ。少数で大軍を破る方法なんて、ある?」

兵士「奇襲です。こっそり接近して、ドカンと攻撃する」

秀吉「じゃあ、その逆をやろう」

兵士「えっ」

秀吉「こっそりじゃなくてワイワイ行こう」

兵士「どうしてっ?」

秀吉「そしたら信長さん、『サルはこの任務に向かないな。替えてあげよう』って思うしょ」

兵士「信長さんは逃げるのに必死で、そんなとこまで見てくれませんよ」

秀吉「火をたけ、太鼓を叩け、旗を振り回せ」

兵士「目立ちすぎますよぉ(汗)」

秀吉「おれが奇襲に不向きだってことをアピールするんだ。どんどん騒げ~」

一方、敵は……

敵1「秀吉軍、うるさくね?」

敵2「騒ぎすぎだよね」

敵1「ふつう、少数なら奇襲攻撃をえらぶと思うんだけど……」

敵2「でも、あの騒ぎっぷりじゃあ、奇襲をするつもりはないみたいだよ」

敵1「じゃあ、何をするつもりなんだろう。あ、わかった」

敵2「なに?」

敵1「秀吉軍の数は少ないように見えるけど、じつは……」

敵2「じつは?」

敵1「じつは大軍を隠し持ってるのかも。つまり伏兵」

敵2「伏兵」

敵1「おれたちが油断して接近したのを見計らって、隠れていた大軍がガバーッと現れ……」

敵2「うん」

敵1「おれたちをボコボコにするってわけだよ」

敵2「そういう作戦か。秀吉、頭いいな~」

敵1「でも、その手には乗らないよね」

敵2「うん」

敵1「ここはひとまず撤退して様子をみよう」

敵2「懸命な判断だ」

敵1「秀吉も頭いいけど、おれたちも頭いいね」

敵2「そうだね」

敵1「これ、頭いい人同士の対決だね。すげぇカッコイイ」

敵2「うん。おれたち、カッコイイね」

敵1「じゃ、撤退ぃ~」

敵2「おーっ♪」

こうして秀吉はピンチを脱し、無事に京都へ戻った。

これが有名な金ヶ崎の退き口である。

秀吉が信長の無理難題に振り回される日々は、まだつづく。

第18話へ

豊臣秀吉のゆるい伝記トップへ戻る

関連記事コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

自己紹介

あーりーと申します。アクセスありがとうございます。布団でぬくぬくしながら本を読んだりスマホでテレビを見たり、のんびり過ごすのが好きです。

ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ