豊臣秀吉のゆるい伝記 第10話 足軽大将

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

ここは織田家。

織田信長と柴田勝家の会話のつづき……

信長「で、サル利用するって、どうするの?」

柴田「あいつを出世させます」

信長「え?」

柴田「足軽大将に抜擢するんです」

信長「なんで?」

柴田「サルが出世すれば……」

信長「うん」

柴田「諸国の優秀な人物たちはこう思うはずです……」

信長「どう思うのさ?」

柴田「『農民出身のサルでさえあの出世だ。おれが織田家に仕えればもっと出世できる!』と」

信長「なるほど」

柴田「こうして才能のある人材が集まってくるというわけですよ」

信長「よし、その作戦、採用!」

秀吉は足軽大将に出世した。

農民出身者としては異例の大出世である。

ここは居酒屋。

秀吉は友達とお好み焼きを食べていた。

秀吉「マヨネーズ~♪ マヨネーズ~♪ おれはミスターマヨネーズ♪」

友達「なにそれ?」

秀吉「ん。マヨネーズの歌」

友達「ふうん」

秀吉「あ、見て」

友達「?」

秀吉「お好み焼きにかけたカツオ節……」

友達「うん」

秀吉「すげぇー動いてる! すげぇー動いてる!」

友達「テンション高いね」

秀吉「え、わかる?」

友達「なんかいいことあったの?」

秀吉「出世したさ、また」

友達「おめでとう。今度はなにに出世したの?」

秀吉「足軽大将」

友達「完璧もう武士でしょ」

秀吉「うん。夢が叶ったよ。明日からジャンジャン働くから見てて」

友達「なんか任務もらったの?」

秀吉「いや」

友達「じゃ、働けないしょ」

秀吉「自分で考えて自分で行動する。これ大事でしょ」

友達「で、どう行動するの?」

秀吉「岐阜県を攻める」

友達「岐阜県?」

秀吉「今ってさ、戦国時代で、ようするに領土の取り合いでしょ」

友達「うん」

秀吉「信長さんも新しい領土、欲しいと思うんだよね」

友達「そうだね」

秀吉「だから、となりの岐阜県を攻め取るの」

友達「なるほど。でもそれさ、一応、信長さんの許可もらってから実行したほうが、いいんじゃない?」

秀吉「その必要はないでしょ。自分の判断でやったほうが『行動力あるね~』って褒められるかもよ」

友達「大丈夫かなぁ……」

大丈夫ではなかった。

第11話へ

豊臣秀吉のゆるい伝記トップへ戻る

関連記事コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

自己紹介

あーりーと申します。アクセスありがとうございます。布団でぬくぬくしながら本を読んだりスマホでテレビを見たり、のんびり過ごすのが好きです。

ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ