真田幸村のゆるい伝記 第19話 捕らわれた幸村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

バスの中。

本物の仙人だという証拠を求められて窮した幸村だったが…

幸村「あ♪ あります!証拠!」

家康「本当ですか?」

幸村「今から奥義をやります」

家康「おぉ。仙人の奥義ですか。見せて下さい」

幸村「これはすごくハイレベルなワザなんですけど…」

家康「はい」

幸村「他人の頭の中を自由にコントロールするワザです」

家康「どういうことです?」

幸村「例えば。見て下さい。次のバス停で男がひとり、待っていますね」

家康「はい」

幸村「彼にワザをかけます」

家康「?」

幸村「彼はこのバスに乗ったとたん、僕のことを真田幸村だと思い込むでしょう」

家康「そんなバカな」

幸村「僕の奥義をもってすれば、そのくらい簡単なことです」

次のバス停で、幸村の友人が乗り込んできた。

友人は言った。

友人「やぁ。幸村」

家康「す、すごい!」

幸村「ね」

家康「仙人パワー、すごいですね」

幸村「まあね~」

家康「あれ、でも待てよ…」

幸村「なんです?」

家康「この男、どこかで見たことがあるような、ないような…」

幸村「ギクッ」

家康「たしか、いつも幸村のとなりにいたような、いないような…」

幸村「ドキッ」

家康「もしかしてこの男、幸村の友人くんでは?」

幸村 (心の声)やばい、このままだと一気に全部ばれちゃう…(汗)

家康「そうだ、たしかに友人くんだ」

幸村「ははははははは」

家康「なんです?」

幸村「じつは僕、家康さんにもワザをかけていたんですよ」

家康「私に?」

幸村「この男を、幸村の友人くんだと思い込ませたんです」

家康「えぇ! 私の頭の中までコントロールしたってわけですか?」

幸村「はい」

家康「す、すごい」

幸村「これで信じます? 僕の力」

家康「まいりました」

幸村「幸村はあっちの方にいますよ」

家康「ありがとうございます!」

家康はバスを降りて去っていった。

そして。

幸村と友人も次のバス停でバスを降りた。

幸村「いや~。さっきは危なかったね」

友人「うん」

幸村「さてと、変装、解こうっと」

友人「あ、向こうから来るの、きみのお父さんじゃない?」

幸村「ほんとだ♪」

父親「ハーイ息子よ。そして息子の友人よ」

幸村「逃げ切ったんだね、よかった」

父親「JR西日本を駆使したよ」

幸村「おぉ~」

父親「しかも車両の一番後ろの席だから、シート倒し放題さ」

幸村「おぉ~」

と、そこへ家康が戻ってきた。

家康「すいません。ついでに幸村の父親の居場所も教えて…あー!」

幸村「やばっ!」

家康「マイ部下集合~。捕まえろ~」

1600年。幸村たちは家康に捕まり、高野山領の九度山に幽閉された。

第20話へ

真田幸村のゆるい伝記トップへ戻る

関連記事コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

自己紹介

あーりーと申します。アクセスありがとうございます。布団でぬくぬくしながら本を読んだりスマホでテレビを見たり、のんびり過ごすのが好きです。

ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ