真田幸村のゆるい伝記 第15話 上田合戦

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

真田幸村は徳川軍の真っ只中で孤立した。

家康「真田幸村を包囲しろ!」

幸村 (*´▽`*)やばい…

そのとき。

ひとりの男がさっそうと姿をあらわした。

父親「お困りかい? 息子よ」

幸村「あ、お父さん♪」

父親「ここはお父さんに任せなさい」

家康「な、なんだ君は」

父親「ヘイ、家康!」

家康「お、おう」

父親「これを受け取れ」

家康「これは?」

父親「果たし状だよ。9月某日、上田城で待っている。決闘だ」

家康「いいだろう」

父親「では。行くぞ、息子」

幸村「はい!」

幸村と父親は去っていった。

家康「うーむ。真田幸村の父親め、敵ながら堂々としたやつ」

部下「いやいや、違いますよ」

家康「ん?」

部下「まんまと逃げられたんですよ」

家康「あ」

部下「それよりも大変です。これを見てください」

家康「?」

部下「たったいま郵便屋さんがこんなものを」

家康「これは?」

部下「石田三成からの果たし状です」

家康「また果たし状か。日時と場所は?」

部下「9月某日、関ヶ原」

家康「よし。さっそく関ヶ原に出発だ」

部下「でも、真田親子との決闘は?」

家康「無視無視」

部下「え」

家康「敵のリーダーは三成だ。やつさえ倒せばあとはどうにでもなる」

部下「わかりました」

一方。

そうとは知らない真田親子は、上田城で家康をひたすら待っていた。

幸村「でもさ、お父さん」

父親「ん」

幸村「家康に勝てる?」

父親「この土地はわが真田ファミリーの庭みたいなもんだよ。勝てるさ」

幸村「そうだね」

父親「それにしても家康、遅いなぁ」

幸村「退屈だね」

父親「うん」

幸村「もしかして、うちら無視されてるのかな」

父親「いや、あれを見ろ!」

幸村「おぉ~」

父親「徳川の軍勢がこっちに向かってくる♪」

幸村「無視されてなかったんだね♪」

父親「ん、待てよ」

幸村「どうしたの?」

父親「よく見ると家康の姿がないな」

幸村「ホントだ」

父親「軍勢をひきいているのは、家康の息子さんだ」

家康の息子(徳川秀忠)登場。

家康の息子「どうも。家康の息子です」

幸村「あ、はじめまして」

家康の息子「うちの父ね、来られなくなりました、用事があって」

幸村「え?」

家康の息子「じゃ、そういうことで」

幸村「ちょっと待って」

家康の息子「はい」

幸村「きみが変わりに戦いに来たんじゃないの?」

家康の息子「べつに」

幸村「いや、べつにって」

家康の息子「僕は伝言をしにきただけですから。じゃ」

幸村「待ってよ」

家康の息子「なんですか」

幸村「うちらとの決闘の約束は…?」

家康の息子「無視ってことで落ち着きました」

幸村 Σ( ̄□ ̄;え!

家康の息子「無視です、無視」

幸村「それだと僕らがあまりにも可哀そすぎるんですけど(涙)」

家康の息子「これから関ヶ原で合戦があるんですよ」

幸村「関ヶ原で?」

家康の息子「はい。石田三成と」

幸村「うわっ。ビッグイベントっすね」

家康の息子「僕も父もそっちに参加するんで、忙しいんです」

幸村「そんな…」

家康の息子「では、これで」

父親「まあまあまあ。そう急がないで」

家康の息子「離して下さい」

父親「あなたに行かれると困るんですよ」

家康の息子「どうしてです?」

父親「だって考えてもみて下さい」

家康の息子「?」

父親「天下分け目の大決戦がおこなわれるっていうときに、誰にも相手にされずにポツーンとしてたら、うちら親子、やばいじゃないですか」

家康の息子「そんなの知りませんよ」

父親「うちらの城、攻めてもらえませんか?」

家康の息子「そんな暇ありません」

父親「ちょっとでいいんです」

家康の息子「離して下さい」

父親「形だけでも」

家康の息子「もう行きますから」

父親「うちらの城ね、あのへんが弱いですよ」

家康の息子「なにをアピールしてるんですか」

父親「ぜひ攻めてくださいよ」

家康の息子「父との待ち合わせに遅れますから」

父親「まあそう言わずに」

真田親子は家康の息子(徳川秀忠)を上田城で足止めした。(第二次上田合戦)

家康の息子がようやく関ヶ原に向かったのは、9月10日になってからだった。

そして運命の9月15日。

この日、真田親子は没落する。

真田幸村 第16話へ

真田幸村のゆるい伝記トップへ戻る

関連記事コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

自己紹介

あーりーと申します。アクセスありがとうございます。布団でぬくぬくしながら本を読んだりスマホでテレビを見たり、のんびり過ごすのが好きです。

ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ