男子ごはんレシピ 東出昌大さん特製餃子の隠し味はコレ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

3日に放送された『男子ごはん新春スペシャル』で、東出昌大さんが特製の絶品餃子を披露していました。東出家では、一家4人で100個食べるといいます。東出さんがこの料理をテレビで披露するのは、この日がはじめてだといいます。

スポンサーリンク

東出家の下町餃子

東出さんご自身が命名したその料理名は「東出家の下町餃子」。

その隠し味は、ラードです!

ラードがどんな活躍を見せるのか、レシピを見てみましょう~。

材料

餃子の皮:100枚
豚ひき肉:500g
キャベツ:1/2個
ニラ:3束
ニンニク:3片
しょうが:大1片
ラード:大さじ2
酒:大さじ2
ごま油:適量
うま味調味料:大さじ1.5強
水:適量
片栗粉:大さじ1.5

それにしても、一家4人で100個ということは、ひとり25個です。けっこうな量ですよね。すごいな~。上の分量のままつくると、一人25個の割り当てになるわけですね。そんなに食べられない場合は、それぞれで調整してもいいかも知れません。

スポンサーリンク

具材の準備

1.ひき肉をボールに入れます。ここにどんどん材料を足していきます。

2.キャベツ半分をみじん切りにします。

3.ニラ3束を1センチ幅に切ります。

4.ニンニクをすり下ろします。

5.しょうが(大1片)をみじん切りにします。

みじん切りにするのは、しょうがの歯ごたえが出るようにです。

6.これまでに用意したいろいろなもの(ひき肉、キャベツ、ニラ、ニンニク、しょうが)をボールで混ぜます。

このあたり、番組では料理家の心平さん、東出昌大さん、国分太一さん、岡村隆史さんで手分けをして賑やかに具材の準備をしていました。みんなで楽しく作るのってイイですよね。

調味料を加える

ボールに調味料を加えて混ぜていきます。

1.塩、砂糖を加えて混ぜます。砂糖はコクだしの役目だそうです。

2.しょうゆを加えます。

3.ごま油を加えます。

4.ラードを加えます。←ここがポイント!

このラードが、今回の東出さんの料理のポイントです。

ラードは豚の脂です。うま味が強いので、ラードを入れることでジューシーに仕上がるそうです。ふつうにスーパーでも売っているらしいので、家庭でもできそうですね。

さて、つづいて…

5.お酒を加えます。

6.うま味調味料を加えます。

7.混ぜます。

8.こうしてできた餡(タネ)を少し寝かします。

皮で包む

1.餃子の皮のふちに水をつけます。

2.皮に具をのせます。

3.ひだを作りながらピッチリと皮を閉じます。

包み方にとくに決まりはなく、ふつう自由にに包めば良いそうです。ひだは4つでも5つでもOKです。

焼く

包み終わったらいよいよ焼きます。

1.サラダ油をフライパンになじませます。

2.フランパンに餃子を並べます。

3.水溶き片栗粉をフライパンに流しいれます。水と片栗粉は各おおさじ1.5くらいの量です。

5.水を餃子の高さ1センチ弱くらいいまで注ぎます。

6.フライパンにふたをして蒸し焼きにします。

料理家の心平さんによると、餃子が焼けたかどうかの見分け方は、音だそうです。

ボコボコボコという音が、パチパチパチという皮が焼ける音になればOKだといいます。

7.サラダ油を回しかけます。

これで揚げ焼きっぽくなるそうです。

お皿へ

1.フライパンにお皿をあてます。

2.フライパンをひっくり返して餃子をお皿にあけます。

完成!

キャベツとニラをたくさん使うことで野菜のうま味を引き出して、さらにラードを加えるとでジューシーな仕上がりになるそうです。東出昌大さんのおふくろの味、東出家の下町餃子。おいしそうですね。

東出さんのおふくろの味では、ハネはつけないのですが、今日はテレビ的に見栄えがいいのでハネをつけるパターンで作ったと仰っていました。

餡をつくって家族みんなで包むのが楽しかった…と、ご家族との思い出も語っていました。

そういえば…

餃子を家族で包んだ遠い日の記憶が、ぼくにもあります。しあわせな、大切な記憶です。家族との思い出の料理は、その記憶もふくめて、一人一人のなつかしい味になるんですね。

関連記事コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

自己紹介

あーりーと申します。アクセスありがとうございます。布団でぬくぬくしながら本を読んだりスマホでテレビを見たり、のんびり過ごすのが好きです。

ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ