明治財界の巨人 広瀬宰平ってどんな人?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

歴史が好きです。

きょうは江戸から明治にかけての財界人・広瀬宰平ついてメモしてみたいと思います。

広瀬宰平は、生涯のうちで名前を変えています。

ここでは「広瀬宰平」で統一して表記することにしますね。

スポンサーリンク

どんな人物?

広瀬宰平は、明治時代の財界の大物です。

住友家の総理人(初代総理事)となって活躍しました。

生い立ち

まだ江戸時代だった1828年、北脇家の次男として近江国(いまの滋賀県)で生まれた。

スポンサーリンク

住友家の銅山ではたらく

おじさんが別子銅山で働いていました。別子銅山とは、愛媛県にある鉱山です。住友家が経営していました。この鉱山のおかげで、住友財閥が発展したといわれています。

広瀬宰平はおじさんの養子になり、別子銅山で働くようになりました。

支配人に昇進

広瀬宰平は、広瀬義右衛門という人物の養子になり、38歳の若さで別子銅山の支配人となります。

新政府に逆らう

明治維新のあと、新政府が別子銅山を没収しようとします。

広瀬宰平は反論しました。

その趣旨は…

「別子銅山は住友家が発見し、ここまで大きくしてきた。経験のない新政府のものが運営してはうまくいかず、それは国益に反する」

というものでした。

このとき担当だった役人も、話がわかる人だったようです。おかげで別子銅山は、ひきつづき住友家(広瀬宰平)が経営して良いことになりました。

このときの役人が、川田小一郎という人物で、のちに三菱の創設にたずさわったり、日本銀行の総裁となった方です。

常識にとらわれない

やがて広瀬宰平は、新政府に才能を認められ、鉱山に関係する役人に抜擢されました。

彼は当時の常識にとらわれず、フランス人技師をまねいて鉱山の近代化もすすめました。

また、新年の席で「相変わりておめでたい」とあいさつしたことがあります。古い慣習にとらわれる人々からは「日本人のあいさつは、相変わらずがお決まりの言葉だ。相変わりてなど、縁起が悪い」と非難されました。

でも広瀬宰平は、明治の新しい時代、変わっていくことが大事だと考えていたんですね。

引退と永眠

明治27(1894)年11月、広瀬宰平は67歳で引退し、大正3(1914)年1月に永眠しました。

広瀬宰平に関する本を見る

関連記事コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

自己紹介

あーりーと申します。アクセスありがとうございます。布団でぬくぬくしながら本を読んだりスマホでテレビを見たり、のんびり過ごすのが好きです。

ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ