小説版ガンダム アムロの最初のセリフは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

ガンダムファンの皆さま、ようこそです。

ちょっとした気分転換にガンダムのクイズを書いています。

今回もファーストガンダムの小説版からの出題です。

スポンサーリンク

ガンダムクイズ 第2問

出典は、こちらの小説版『機動戦士ガンダム』です。

さて問題です。

じゃじゃん!

小説版『機動戦士ガンダム』のアムロの最初のセリフは?

つぎの3つから選んでください。

1.「あえて言おう!」

2.「坊やだからさ」

3.「すみません! 中尉!」

それでは…

正解を発表しますね。

スポンサーリンク

正解発表

正解は…

「3」の「すみません! 中尉!」です。

ほかの2つの選択肢は、正解じゃないことがバレバレのご愛嬌ということで(笑)

解説

第1問のときに書きましたが、小説版『機動戦士ガンダム』では、アムロは最初から軍人として登場します。

コア・ファイターでの訓練シーンで、先輩の中尉に怒られたときに発したのが、「すみません! 中尉!」という言葉。

これがアムロの最初のセリフです。

このときアムロは「中尉の鼓膜が破れてくれればいい」と思って、思いきり怒鳴り返しています(笑)

とはいえ…

ヘルメットのヘッドフォンには自動音量装置がついているので、どんなに大きな声で怒鳴っても、相手の鼓膜が破れることはありません。

軍人であるアムロも当然そのことはわかっているでしょう。

ちなみに…

このときアムロはどうして怒られてのかと言うと~

コア・ファイターで宇宙空間を飛行しているときに、ホワイトベース(小説版ではペガサスと呼ばれます)の美しさに見とれて、コア・ファイターが「二度ほどずれた」からです。

ほかの2つの選択肢についても(ガンダムファンのみなさんにとっては言うまでもないことですが)一応、触れておきますね。

「1」の「あえて言おう!」は、ギレン・ザビの名演説のワンフレーズですよね。

「2」の「坊やだからさ」は、シャア・アズナブルの名セリフです。

補足ですが、「坊やだからさ」を英語で言うとこうなります

以上。気分転換のガンダムクイズでした~。

お付き合いありがとうございました。

関連記事コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

自己紹介

あーりーと申します。アクセスありがとうございます。布団でぬくぬくしながら本を読んだりスマホでテレビを見たり、のんびり過ごすのが好きです。

ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ