JavaScript 比較演算子のまとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

あーりーです。

最近は、JavaScriptの勉強にハマってます。

未知の世界に触れるってワクワクしますよね。

頭の体操みたいな感じで、趣味でのんびりとやってます。

JavaScriptの記事は、この記事も含めて「初心者のための超わかりやすいJavaScript入門」にまとめてあります。よろしければご覧ください。

さて。

今回のテーマは「比較演算子」です。

スポンサーリンク

比較演算子って?

比較演算子っていうのは、ふたつの値を比べるときの記号です。

どっちが大きいとか…

どっちが小さいとか…

同じとか…

そういうことを比べます。

プログラムの分かれ道で使う

比較演算子は、プログラムの分かれ道で使います。

たとえば…

「aは10より小さい」という表現が成立するときは、Aの道へ。

成立しないときは、Bの道へ。

みたいな感じで、プログラムの流れを分岐させることができます。

比較演算子には、いくつか種類があります。

では、一つずつ見ていきましょ~。

~より小さい

まずは「<」という記号です。

これは「左辺が右辺よりも小さい」ことを意味します。

※左辺とは記号の左側、右辺とは記号の右側のことです。

たとえば、こうです。

a<10

これは「aは10よりも小さい」という意味です。

もしも「a」に代入されている数字が「8」とか「9」なら、「10」よりも小さいですから、この式は成立します。

「a」に代入されている数字が「10」とか「11」だと成立しません。

~以下

2つ目は「<=」という記号です。

これは「左辺は右辺以下」を意味します。

たとえば、こうです。

a<=10

これは「aは10以下」という意味です。

「以下」は「10」そのものも含みます。

だから仮に「a」に代入されている数字がぴったり「10」でも、この式は成立します。

「a」と「10」がイコールでもOKなんです。

だから「<=」の記号にはイコールが入っています。

~より大きい

3つ目は「>」という記号です。

これは「左辺が右辺より大きい」ことを意味します。

たとえば、こうです。

a>10

これは「aは10よりも大きい」という意味です。

もしも「a」に代入されている数字が「11」とか「12」なら、「10」よりも大きいですから、この式は成立します。

「a」に代入されている数字が「9」とか「10」だと成立しません。

~以上

4つ目は「>=」という記号です。

これは「左辺は右辺以上」を意味します。

たとえば、こうです。

a>=10

これは「aは10以上」という意味です。

「以上」は「10」そのものも含みます。

だから仮に「a」に代入されている数字がぴったり「10」でも、この式は成立します。

等しい

5つ目は「==」という記号です。

これは「左辺と右辺が等しい」ことを意味します。

こちらの例をご覧ください。

a==8

これは「aと8は等しい」という意味です。

仮に「a」に代入されている数字が「8」の場合、この式は成立します。

等しくない

6つ目は「!=」という記号です。

これは「左辺と右辺が等しくない」ことを意味します。

たとえば、こうです。

a!=100

これは「aと100は等しくない」という意味です。

「a」に代入されている数字が「100」以外であれば、「100」と等しくないので、この式は成立します。

「a」に代入されている数字が「100」であれば、「100」と等しくなってしまうので、この式は成立しません。

ただ等しいだけじゃなくデータ型も等しい

7つ目は「===」という記号です。

これは「左辺と右辺が等しく、かつデータ型も一致」を意味します。

データ型とは…

「数字」なのか「文字」なのかっていう話です。

たとえば、こうです。

a===500

これは「aは数字の500」という意味です。

「a」に数字の「500」が代入されている場合、この式は成立します。

でも…

もしも「a」に代入されているのが、文字としての「500」なら、この式は成立しません。

文字としての「500」とは、ダブルクォート(またはシングルクォート)で囲まれた「500」です。

これです。

"500"

ダブルクォート(またはシングルクォート)で囲むと、「数字」ではなく「文字」として認識されます。

データ型が「数字」から「文字」に変化するんです。

たとえば…

「a」に文字としての「”500″」が代入されたとします。

こんなふうに。

var a="500";

すると、この式は成立しません。

a===500

左辺が文字としての「”500″」で、右辺が数字の「500」だからです。

等しくない、もしくはデータ型が一致しない

最後は「!==」という記号です。

これは「右辺と左辺が等しくない」もしくは「右辺と左辺のデータ型が違う」ことを意味します。

たとえば、こうです。

a!==500

これは「aと500は等しくない」もしくは「aと500のデータ型が違う」という意味です。

たとえば…

「a」に代入されているのが、数字の「400」の場合、「左辺と右辺が等しくない」にあてはまるので、この式は成立します

「a」に代入されているのが、文字としての「”500″」の場合、「右辺と左辺のデータ型が違う」にあてはまるので、この式は成立します

「a」に代入されているのが、数字の「500」の場合は…

「右辺と左辺が等しくない」という条件に当てはまりません。

「右辺と左辺のデータ型が違う」という条件にも当てはまりません。

だから、この式は成立しません

今回は、比較演算子の話でした。

おしまい。

JavaScriptの記事は、この記事も含めて「初心者のための超わかりやすいJavaScript入門」にまとめてあります。よろしければご覧ください。

PR

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

自己紹介

あーりーと申します。アクセスありがとうございます。布団でぬくぬくしながら本を読んだりスマホでテレビを見たり、のんびり過ごすのが好きです。

スポンサーリンク