JavaScript 算術演算子のまとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

あーりーです。

JavaScriptの勉強をマイペースでのろのろとやっています。

今回は、小学校で習う算数のはなしをしますね。

足し算、引き算、かけ算、わり算です。

スポンサーリンク

算術演算子とは

JavaScriptのプログラムの中で、足し算、引き算、かけ算、わり算をする場面があります。

こうした計算をするときに使う記号を、算術演算子といいます。

プラス(+)とかマイナス(ー)とか、その他いろんな算数の記号のことです。

では、ひとつずつ見ていきましょう~。

足し算(数字)

JavaScriptで足し算をするときは、算数と同じくプラス(+)の記号を使います。

たとえば、こういう計算があるとします。

10+5

結果はこうなります。

15
スポンサーリンク

足し算(文字)

数字だけじゃなく、文字の足し算もできます。

こうです。

"織田"+"信長"

結果はこうなります。

織田信長

引き算

JavaScriptで引き算をするときは、算数と同じくマイナス(ー)の記号を使います。

たとえば、こういう計算があるとします。

10-8

結果はこうなります。

2

かけ算

かけ算をするときは、アスタリスク(*)という記号を使います。

たとえば「5×3」はこうです。

5*3

結果はこうなります。

15

わり算

わり算をするときは、スラッシュ(/)という記号を使います。

たとえば「6÷3」はこうです。

6/3

結果はこうなります。

2

あまり

わり算では、あまりが出ることがありますよね。

たとえば「5÷2」の答えは「2」、そして「あまり1」です。

JavaScriptには、あまりを求める記号があります。

それが「%」です。

やってみましょう。

5%2

こうすると、「5÷2」のあまりが求められます。

「5÷2」のあまりは「1」ですから…

結果はこうなります。

1

以上が、算術演算子のまとめでした~。

今回はこれでおしまいです。

JavaScriptの記事は、この記事も含めて「初心者のための超わかりやすいJavaScript入門」にまとめてあります。よろしければご覧ください。

A8 JavaScript

おまけ

JavaScriptを一人で勉強していてわからないことがあれば、teratailで質問することをおすすめします。

プログラミングに特化したYahoo!知恵袋のようなサイトです。

超・初心者のぼくにも優しく教えてくれました。

とても感謝しています。

関連記事コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

自己紹介

あーりーと申します。アクセスありがとうございます。布団でぬくぬくしながら本を読んだりスマホでテレビを見たり、のんびり過ごすのが好きです。

ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

グロースファクター 毛髪再生