JavaScript 連想配列のキーは全角文字でもOK

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

あーりーです。

自分のペースでゆっくりとJavaScriptの勉強をしています。

これまでに書いた記事は、「初心者のための超わかりやすいJavaScript入門」にまとめてあります。よろしければご覧ください。

さてさて~。

今回は「連想配列のキーは全角文字でもOK」という話を書きたいと思います。

連想配列って何?

キーって何?

全角文字って何?

と、いろいろな疑問がわいてきますよね。

でも大丈夫。

すごく簡単な話です。

スポンサーリンク

連想配列とは、箱の集まり

そもそも連想配列って何?

という方は、過去記事の「よくわかる連想配列の基本」をご覧ください。

ざっくりいうと…

「連想配列」とは、いわば箱の集まりです。

その箱には、いろんな情報をしまっておくことができます。

キーとは「箱の名前」

キーとは、箱の名前です。

箱の一つひとつには、名前が付けられています。

箱に名前を付けることで、ほかの箱と区別できます。

プログラムの中でキー(箱の名前)を指定してあげれば、その箱の中にしまってある情報を、いつでも呼び出せます。

全角文字とは「日本語」

全角文字とは、おおざっぱにわかりやすく言うと、日本語のことです。

英語の全角文字もありますが、ここでは深く考えず、日本語のことを指していると考えてOKです。

今回のテーマ

つまり~

今回のテーマである「連想配列のキーは全角文字でもOK」を言い換えると…

連想配列の箱の名前は、日本語でもOK」となります。

それって具体的にどういうことなのか?

サンプルを見てみましょう。

サンプル

こちらです。

<html>
<head>
</head>
<body>

<script>
var info={
  "住所":"ジャバ県スクリプト市",
  "メール":"java@script",
  "電話":"000-xxxx-0000",
  "氏名":"ジャバ・スクリプト"
};
document.write(info.住所);
</script>

</body>
</html>

緑色の部分がJavaScriptです。

この内容をメモ帳などのエディタにコピペしてHTML形式で保存し、そのファイルを開くと…

ブラウザに「ジャバ県スクリプト市」と表示されます。

このサンプルについて、もうちょっと詳しく見ていきましょう。

キー(箱の名前)が日本語

このサンプルは、キー(箱の名前)が日本語になっています。

赤い部分が、それです。

<script>
var info={
  "住所":"ジャバ県スクリプト市",
  "メール":"java@script",
  "電話":"000-xxxx-0000",
  "氏名":"ジャバ・スクリプト"
};
document.write(info.住所);
</script>

普通、プログラムは半角文字で書きます。

だからキー(箱の名前)も半角文字で「address」とか「mail」とか「tel」とか「name」となりがちです。

でも全角文字が使えるとなると、上のように日本語で書けます。

日本語だと、わかりやすいですね!

このわかりやすさが、キー(箱の名前)を全角文字にするメリットです。

情報を呼び出す

箱の中の情報を呼び出すときは、キー(箱の名前)を指定してあげます。

それが、こちらの赤い部分です。

<script>
var info={
  "住所":"ジャバ県スクリプト市",
  "メール":"java@script",
  "電話":"000-xxxx-0000",
  "氏名":"ジャバ・スクリプト"
};
document.write(info.住所);
</script>

「住所」というキー(箱の名前)を指定していますね。

すると、その箱の中に入っている「ジャバ県スクリプト市」という情報が呼び出されます。

ブラウザには「ジャバ県スクリプト市」の文字が表示されます。

余談

ちなみに~。

上の例では情報を呼び出すとき、こういう形式をとっていますよね。

document.write(info.住所);

その部分は、この形式でも良いです。

document.write(info["住所"]);

以上が「連想配列のキーは全角文字でもOK」という話でした。

今回はこれでおしまい。

JavaScriptの記事は、この記事も含めて「初心者のための超わかりやすいJavaScript入門」にまとめてあります。よろしければご覧ください。

PR
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする