JavaScript 空の配列とは

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

趣味でJavaScriptの勉強をしています。

のんびり、ゆるゆるとやっています。

以前は、「配列」について書きました。

配列とは、変数の集まりです。

詳しくは「よくわかる配列の基本」をご覧ください。

さてさて。

今回も配列の話です。

今回のテーマは、空(から)の配列です。

スポンサーリンク

配列とは

配列とは、情報を入れる箱のようなものです。

以前、このブログであつかった配列は、箱をつくると同時に情報を入れるというパターンでした。⇒「よくわかる配列の基本

これを仮に、ふつうの配列と呼びます。(仮にですよ、仮に)

ふつうの配列がこちら。

 var a=["朝","昼","夜"];

配列「a」の初登場と同時に、その中に「朝」「昼」「夜」という情報が代入されています。

それに対して、空の配列とは…

空の配列とは

空の配列とは、最初に箱だけつくっておいて、あとから情報を入れるパターンです。

最初は配列の中身が空っぽなので、「空の配列」と呼んでいます。

それがこちらです。

var a=[];
a[0]="朝";
a[1]="昼";
a[2]="夜";

1行目のこの部分で、空の配列が設定されています。

var a=[];

ここで「a」という配列が初登場しますが、とくに情報は代入されていません。

この時点では、空っぽです。

そのあとの2行目から4行目ではじめて、「朝」「昼」「夜」という情報が代入されています。

a[0]="朝";
a[1]="昼";
a[2]="夜";
スポンサーリンク

何が違うの?

はじめから情報を代入する「ふつうの配列」と、あとから情報を代入する「空の配列」。

何が違うのかっていうと、JavaScriptの実行結果は同じです。

でもぼくは、どうしても「空の配列」を覚えておきたかったんです。

その理由は…

見やすい

空の配列は、見やすいんです(笑)

だから好き。

それだけです。

プログラムのプロフェッショナルの方からすると、もっと他の理由があるのでしょうけど、ぼくみたいに趣味でぼちぼちとJavaScriptで遊んでいる人間からすると、「空の配列」は見やすいから好きなんです。

たとえば

たとえば、配列に少し長めの情報(URLとか人名とか文章とか、なんでもいいんですけど)をどんどん代入するとき、ふつうの配列だとこうなります。

var a=[“ジュリアス・シーザー”,”ナポレオン・ボナパルト”,”ジョン・F・ケネディ”,”ロビンソン・クルーソー”];

ちょっとゴチャゴチャして、見づらいです。

それが、空の配列を使うと、こうなります。

var a=[];
a[0]="ジュリアス・シーザー";
a[1]="ナポレオン・ボナパルト";
a[2]="ジョン・F・ケネディ";
a[3]="ロビンソン・クルーソー";

なんとなく見やすいです。

JavaScriptはある程度自由に改行が入れられるので、「ふつうの配列」の場合でも見やすいように改行を入れればいいんですけど…

それでもやっぱり「空の配列」のほうがスッキリして見やすいな~っていう、個人的な好みです。

以上、「空の配列」の話でした~。

今回はこれでおしまい。

JavaScriptの記事は、この記事も含めて「初心者のための超わかりやすいJavaScript入門」にまとめてあります。よろしければご覧ください。

A8 JavaScript

おまけ

JavaScriptを一人で勉強していてわからないことがあれば、teratailで質問することをおすすめします。

プログラミングに特化したYahoo!知恵袋のようなサイトです。

超・初心者のぼくにも優しく教えてくれました。

とても感謝しています。

関連記事コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

自己紹介

あーりーと申します。アクセスありがとうございます。布団でぬくぬくしながら本を読んだりスマホでテレビを見たり、のんびり過ごすのが好きです。

ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

グロースファクター 毛髪再生