小説版ガンダム マ・クベを倒したのはアムロではなく意外なあの人

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

あーりーです。

ガンダムが好きです。

とくにファーストガンダム(1979年放送の『機動戦士ガンダム』)が好きです。

ファーストガンダムには小説版があって、その内容はアニメとけっこう違います。

ここから先は、小説版のネタバレがあります。

知りたくない方は、このページから退艦をお願いします。

今回は、マ・クベの話です。

スポンサーリンク

マ・クベとは

マ・クベは、ご存じのようにジオン軍の大佐です。

壺が趣味です。

アニメでは、壺とともに初登場しました。

壺を指ではじいて「いい音色だろ?」って。

生態として、シャアをひたすらライバル視しています。

あと完全に余談ですけど、「クベ」の部分が苗字だとしたら、「クベさん」という何となく日本人っぽい名前っていうことになります。

マ・クベの最期(アニメ版)

アニメ版のマ・クベは、テキサスコロニーの戦いでアムロ(ガンダム)に倒されます。

モビルスーツ・ギャンでアムロに立ち向かうんですけど、ガンダムのビームサーベルでやられます。

ちなみにこのギャンというモビルスーツ。

どこか中世の騎士みたいで、骨董趣味のマ・クベによく似合っていましたよね。

ガンプラ HGUC 197 機動戦士ガンダム ギャン 1/144スケール 色分け済みプラモデル
ガンプラ HGUC 197 機動戦士ガンダム ギャン 1/144スケール 色分け済みプラモデル

スポンサーリンク

マ・クベの最期(小説版)

小説版のマ・クベま、まったく違う最期を迎えます。

モビルスーツ戦で散るのではなく、指揮している艦を撃墜されて亡くなるんです。

では、だれがその艦を撃墜したのか…。

ハヤト・コバヤシ

マ・クベの指揮する艦「チベ」を撃墜したのは、ハヤト・コバヤシなんです。

ハヤトにしては快挙です!

ハヤト・コバヤシの劣等感

ハヤトは、アムロに強烈な劣等感を抱いています。

同僚のアムロがニュータイプとして大活躍するのを見ながら、自分の無力を悔しがります。それはアニメ版でも小説版でも同じです。

とくに小説版では、アムロに嫉妬し、ニュータイプは戦争の道具だ!と偏見を持ちます

ハヤトがマ・クベを撃沈させる顛末

ブライトの命令を無視してガンキャノンで出撃したハヤトは、マ・クベの指揮する艦「チベ」に狙いをつけて、自分でも驚くほど冷静に引き金を引きます。

ガンキャノンの両肩のキャノンが発射されると、「チベ」は巨大な光芒とともに沈みます。

これがマ・クベの最期です。

小説のこのシーンは、すべてハヤトの視点で書かれています。

だから、このときのマ・クベがどんな感じで散っていったのかは描かれていません。

マ・クベは淡々とあっけなく消滅します。

仰々しく最後のシーンを描かないことで、かえってリアルさを増しています。

凡人ハヤト 会心の一撃

マ・クベを倒す。

これは、アニメ版でアムロがやったことです。

それを、小説版ではハヤトがやりました。

手が届かない驚異の領域まで飛躍したアムロに対して、ハヤトが「自分もここまでやれるんだ」と胸を張っているようなシーンでした。

アムロに対する劣等感や嫉妬に悩まされていたハヤトにとって、これは会心の一撃だったと思います。

凡人ハヤトが一瞬でも「アムロに追いついた」と感じているシーンがちゃんと用意されているところが、もしかすると多くの凡人の救いなのかも知れません。

A8ガンダム

おまけ

ファーストガンダムのファンにはたまらない『ジ・オリジン』の動画配信です。



日本最大級の動画配信サービスU-NEXTでは、31日間無料トライアルをやってます。

関連記事コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

自己紹介

あーりーと申します。アクセスありがとうございます。布団でぬくぬくしながら本を読んだりスマホでテレビを見たり、のんびり過ごすのが好きです。

ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

グロースファクター 毛髪再生