兵とは国の大事なり ファンタジー世界で役立つ『孫子の兵法』の名言

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

あーりーです。

みなさんは、妄想はお好きですか?

ある日突然、ファンタジーの世界に迷い込んで「軍師」になってしまったら…

って妄想すること、ありますよね。

(ありませんか…汗)

軍師になってしまったら、国王や将軍からいろいろと頼りにされます。

『三国志演義』の諸葛亮のような、手品みたいな作戦を求められる場面もあるでしょう。

そんなときに役立つ『孫子の兵法』の名言をチェックしておきたいと思います。

スポンサーリンク

兵とは国の大事なり

もしあなたの仕えた国王や将軍が好戦的な人物なら、「○○を攻めるぞ。いい作戦はないか?」と聞いてくるかも知れません。

そんなときのためにまず覚えておきたい名言は…

兵とは国の大事なり。

です。

意味

この言葉にはつづきがあります。

「兵とは国の大事なり。死生の地、存亡の道、察せざるべからざるなり。」です。

意味は、

戦いは国の一大事です。人の生死、国の存亡がかかっています。くれぐれも慎重に。

みたいな感じです。

つまり…

なるべく戦わない

『孫子の兵法』の精神は、なるべく戦わない、です。

迷い込んだファンタジーの世界で、あなたの属しているグループが国にしろ、流浪の軍団にしろ、圧政に立ち向かうレジスタンスにしろ、戦いで血を流すことなく目的が達成できれば、それに越したことはありません。

戦うのは最後の手段です。

だから…

あなたの仕える国王や将軍が無謀な戦いをしようとしていたり、勝てるかどうかは気合次第!という精神論に頼った戦いに臨もうとしていたら、あなたは軍師としてストップをかける必要があります。

これぞ『孫子の兵法』の真骨頂。

戦うことを考えるのではなく、まず戦わないことを考えるんです。

ファンタジーの世界の軍師として

戦うからには、勝たないといけない。

勝てない戦いは、人や国を滅ぼす。

だからこそ、ファンタジーの世界の軍師としては「兵とは国の大事なり」という言葉の重みをまずしっかり感じておきたいところですね。

関連記事
孫子の兵法 わかりやすい現代語訳

PR
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする