百人一首 現代語訳 No.71~75

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

百人一首のゆるい現代語訳を書いています。

今回はNo.71~75です。

スポンサーリンク

ゆる訳 百人一首

71.夕されば 門田(かどた)の稲葉おとづれて 芦のまろやに秋風ぞ吹く(大納言経信)

【訳】夕方になると、門のそとにある田んぼの稲の葉が、そよそよと音を立てます。秋風が、芦で屋根をふいたこの山小屋をさわやかに通り過ぎていきます。

72.音にきく たかしの浜のあだ波は かけじや袖のぬれもこそすれ(祐子内親王家紀伊)

【訳】うわさに名高い、高師(たかし)の浜。そこに打ち寄せる波にかからないようにしましょう。袖が濡れては困りますから。浮気者と名高いあなたには関わらないようにしましょう。裏切られて涙で袖を濡らしては困りますから。

73.高砂のをのへの桜さきにけり とやまの霞(かすみ)たたずもあらなむ(前中納言匡房)

【訳】遠い山の峰に、桜が美しく咲き誇っています。霞よ、どうか立ち込めないでほしい。桜が見えなくならないように。

74.憂かりける人を初瀬の山おろしよ はげしかれとは祈らぬものを(源俊頼朝臣)

【訳】「つれないあの人を、どうか私になびかせてください」と初瀬の観音様に祈ったはずでした。初瀬の激しい風のように「私に冷たくあたれ」と祈ったわけではないのに…。

75.ちぎりおきし させもが露をいのちにて あはれ今年の秋もいぬめり(藤原基俊)

【訳】約束してくれた言葉を、命のように大切に信じて過ごしてきました。それなのに、今年も約束が実らないまま、ただ秋が過ぎていくようです。

読んでくださってありがとうございます。

百人一首のゆるい現代語訳 トップページ

PR

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

自己紹介

あーりーと申します。アクセスありがとうございます。布団でぬくぬくしながら本を読んだりスマホでテレビを見たり、のんびり過ごすのが好きです。

スポンサーリンク