百人一首 現代語訳 No.66~70

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

百人一首のゆるい現代語訳を書いています。

今回はNo.66~70です。

スポンサーリンク

ゆる訳 百人一首

66.もろともに あはれと思へ山桜 花よりほかに しる人もなし(前大僧正行尊)

【訳】山桜よ、私がおまえを大切に思うように、おまえも私を大切に思っておくれ。おまえの他に友だちはいないから。

67.春の夜の ゆめばかりなる手枕(たまくら)に かひなくたたむ 名こそをしけれ(周防内侍)

【訳】春の夜のはかない夢のような手枕のために、へんな噂が流れてしまっては惜しいです。

68.心にもあらで憂き世にながらへば 恋しかるべき夜半(よは)の月かな(三条院)

【訳】思い通りにならない憂鬱なこの世に生きながらえていたなら、きっといつか今夜の美しい月を、懐かしく思い出す日も来るでしょう。

69.あらしふく 三室(みむろ)の山のもみぢ葉は 竜田(たつた)の川の錦なりけり(能因法師)

【訳】山風がはげしく吹く三室山のもみじの葉は、竜田川の水面に落ちて、まるで錦のように美しく見えます。

70.さびしさに 宿をたちいでて眺むれば いづこもおなじ秋の夕ぐれ(良暹法師)

【訳】あまりの寂しさに家から出てあたりの景色を眺めてみると、どちらを見ても同じようにわびしい秋の夕暮を感じました。

百人一首のゆるい現代語訳 トップページ

関連記事コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

自己紹介

あーりーと申します。アクセスありがとうございます。布団でぬくぬくしながら本を読んだりスマホでテレビを見たり、のんびり過ごすのが好きです。

ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

グロースファクター 毛髪再生