百人一首 現代語訳 No.56~60

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

あーりーです。

百人一首のゆるい現代語訳を書いています。

今回はNo.56~60です。

スポンサーリンク

ゆる訳 百人一首

56.あらざらむ この世のほかの思ひ出に いまひとたびの あふこともがな(和泉式部)

【訳】私の命もあとわずかです。あの世での思い出に、もう一度だけ会いたいです。

57.めぐりあひて見しやそれともわかぬまに 雲がくれにし夜半(よは)の月かな(紫式部)

【訳】なつかしい人にめぐり会いました。あまりのことに、本当に会ったのかどうかよくわからないうちに、その人は去ってしまいました。雲に隠れた夜半の月にように。

58.ありま山ゐなの笹原風吹けば いでそよ人を忘れやはする(大弐三位)

【訳】有馬山の猪名の笹原。そこに風が吹けば、そよそよ(そうよ、そうよ)と音がします。そうよ、どうしてあなたのことが忘れられるでしょう。

59.やすらはで寝なましものをさ夜ふけて かたぶくまでの月をみしかな(赤染衛門)

【訳】あなたが来ないと分かっていたら、さっさと寝ていたのに。あなたを待って起きているうちに、西に傾く月を寂しい思いで見るはめになりましたよ。

60.大江山いく野の道の遠ければ まだふみも見ず天橋立(小式部内侍)

【訳】丹後の国は、大江山を行き、生野を通ってずっと遠くにあります。だから、まだ天橋立を踏んでみたことはないし、母からの文(手紙)も見ていません。

読んでくださってありがとうございます。

百人一首のゆるい現代語訳 トップページ

関連記事コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

自己紹介

あーりーと申します。アクセスありがとうございます。布団でぬくぬくしながら本を読んだりスマホでテレビを見たり、のんびり過ごすのが好きです。

ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ