さくさくと成長するより、じっくり成長するほうが良い(菜根譚)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あーりーです。

中国の古典『菜根譚』のゆる~い現代語訳を書いています。

現代語訳のトップページはこちら

菜根譚には「前集」と「後集」があります。

今回は「前集」の216から222です。

スポンサーリンク

前集216 賢者と富豪

天は一人の賢者によって、たくさんの愚かな人々を導こうとしています。

でも、実際はどうでしょう。

賢者と呼ばれる人は、人々を導くどころか、自分の長所を自慢するだけ。

それによって、他人の短所を浮き彫りにしています。

天は一人の富豪によって、たくさんの貧しい人々を救おうとしています。

でも、実際はどうでしょう。

富豪と呼ばれる人は、人々を救うどころか、自分の財産を自慢するだけ。

それによって、他人の貧しさを侮っています。

こうした人たちには、天罰が下ってもおかしくありません。

前集217 中途半端な知識人が一番やっかい

道をきわめた人は、変に考え込むことがありません。

愚かと言われる人も、知識がなく、考え込むことがありません。

こうした人たちとは、一緒に学問を論じたり、仕事をしたりできます。

やっかいなのは、中途半端な知識人です。

中途半端な知識人は、なんだかんだと考えをめぐらしたり、疑ったりします。

一緒に仕事をするのは無理です。

前集218 心

口は、心の門です。

門が開きっぱなしだと、心で思っていることがどんどん洩れます。

意識は、心の足です。

歩く方向をちゃんと考えないと、悪い道に進んでしまいます。

前集219 人の失敗を注意するとき

人の失敗を注意するときは、失敗の中にもいいところを見つけましょう。

すると、失敗した人の心が乱れません。

自分の失敗を責めるときは、失敗がないと思える中にも改善点を見つけましょう。

すると、自分のためになります。

前集220 成長

若者はおとなのタマゴです。

秀才は立派な人のタマゴです。

人の成長を陶器に例えるなら…

成長の段階で火力が足りなかったり、不純物が混ざったりすると、あとで立派な人物になるのは難しいです。

前集221 権力者に会っても恐れないが…

君子は、困難があっても気にしませんが、宴会ではめをはずすことを心配します。

君子は、権力者に会っても恐れませんが、困っている弱者に対しては心が動きます。

前集222 さくさくと成長するより、じっくり成長するほうが良い

桃やすももの花は美しいです。

でも…

松などが長いあいだ、青々と輝いているのには、かないません。

梨やあんずは甘いです。

でも…

みかんなどの鮮やかな香りには、かないません。

若いときだけどぎつく輝くより、末永くさわやかに輝くほうが良いです。

あっという間にさくさくと成長するより、じっくり成長するほうが良いです。

これは真実です。

『菜根譚』の現代語訳トップページ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする