大人物にも小人物にも敬意を払う(菜根譚)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

あーりーです。

中国の古典『菜根譚』のゆる~い現代語訳を書いています。

現代語訳のトップページはこちら

菜根譚には「前集」と「後集」があります。

今回は「前集」の211から215です。

スポンサーリンク

前集211 官職についている人 官職を辞めた人

官職についている人は、手紙を書くときも十分気を付けないといけません。

それは、他人に心を見破られて、その人に思いがけない利益を与えてしまうのを避けるためです。

官職をやめて故郷に帰った人は、お高くとまらないように気を付けないといけません。

それは、他人に心の内をよく見てもらい、古い仲間と友情を温めるためです。

前集212 大人物にも小人物にも敬意を払う

大人物には敬意を払うべきです。

敬意を払えば、わがままな気持ちがなくなります。

小人物にも敬意を払うべきです。

敬意を払えば、わがままだという評判がなくなります。

スポンサーリンク

前集213 不平不満がなくなり、やる気がわいてくる

物事がうまくいかないときは…

自分よりも恵まれない状況にいる人のことを思うと、不平不満な気持ちもなくなります。

なまけたくなったときは…

自分よりもすばらしい状況にいる人のことを思うと、やる気がわいてきます。

前集214 喜びにうかれない

喜びにうかれて、簡単に「イエス」と言ってはいけません。

酔った勢いで怒ってはいけません。

うまくいっているからといって、何でもかんでも手を出してはいけません。

飽きたからといって、最後に手を抜いてはいけません。

前集215 読書と観察

読書をする人は、手が舞い、足がステップを踏むような喜びを感じるくらい、読書を堪能するのが良いでしょう。

それでこそ、読書にありがちな罠に陥らないで、本当の読書ができます。

観察する人は、心が観察の対象と一体化するくらい、観察に没頭するのが良いでしょう。

それでこそ、表面的ではない本当の観察ができます。

『菜根譚』の現代語訳トップページ

関連記事コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

自己紹介

あーりーと申します。アクセスありがとうございます。布団でぬくぬくしながら本を読んだりスマホでテレビを見たり、のんびり過ごすのが好きです。

ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ