格安SIMに乗り換えたいけどわからないことが多すぎる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

格安SIMについて勉強したことを、忘れないようにブログにメモしておきます。

格安SIMが何なのか、現時点でまったく何もほとんどわかっていません!(←断言)

わかっているのは…

よくわからないけど安い!

ということくらいです。

スポンサーリンク

格安SIMとは?

携帯やスマホ本体の中には、SIMカードという小さいカードが入っているみたいです。

このカードで、なんらかの魔法的な仕組みを使えば、スマホの料金が安くなる…

というのが格安SIMのようです。

わからないこと

格安SIMってなんなのか。どこと契約するのか。本当に安いのか。メリットとデメリットは。スマホ本体は変わるのか、このままの本体で使えるのか。現在のスマホの契約はどうなるのか。解除するのか、しないのか。プラン変更みたいなものなのか。それとも全然べつの会社と新しく契約するのか。Wi-fiはどうなるのか。「格安SIMにしたい」と思ったら、まず何をどうすればいいのか。どんなことを調べればいいのかー。

などなど。

わからないことは無数にあります。

格安SIMには2種類ある

格安SIMには、2種類あるらしいです。

ネット・通話ができる「音声通話SIM」と、ネットのみ使える「データ専用SIM」の2種類があります

引用元:格安SIMカード 初心者向け選び方ガイド

ぼくはネットも通話もしたいです。

だから「音声通話SIM」希望っていうことになりますね。

ちなみに…

通話がいらないタブレットとかルーターで使う場合は「データ専用SIM」でOKのようです。ふむふむ。

電話番号を変えずに乗り換えるMNP

いまのスマホから格安SIMに乗り換えるとき、電話番号を変えずに乗り換えるなら、MNPという制度(?)を使うようです。

MNP…

また新しい言葉が出てきました。

なんか難しそうです(汗)

MNP(ナンバーポータビリティ)とは

MNP(ナンバーポータビリティ)とは、電話番号そのままで他キャリアに乗り換えることです。割安な料金設定でスマホを持てる格安SIMが話題になったり、この5月からスタートした「SIMロック解除の義務化」などもあって、そろそろMVNOに乗り換えようかと検討しているユーザーも多いのではないでしょうか。

引用元:格安スマホ学園

なるほど!

MNPとは、ナンバーポータビリティのことだったんですね。

それなら聞いたことがあります。

ところで…

MVNOの意味

また新しくわからない言葉が出てきました。

MVNOです。

これはなんでしょう…

(頭が混乱中)

MVNO(仮想移動体通信事業者)とは

「MVNO」とは「Mobile Virtual Network Operator」の略で、日本語では「仮想移動体通信事業者」と言います。「IIJmio」「楽天モバイル」「mineo」「U-mobile」「NifMo」「UQ mobile」といった会社やブランドがMVNOです。

MVNOには対して「MNO」という言葉があります。 「MNO」とは「Mobile Network Operator」の略で、日本語では「移動体通信事業者」といいます。皆さんおなじみの「ドコモ(docomo)」「au」「Softbank(ソフトバンク)」といった会社がMNOです。これらMNOのことを「キャリア」という呼び方をすることもあります。

引用元:SIMチェンジ

う~む。

じゃあつまり、MVNOっていうのは「格安SIMの業者」のことと考えていいのかな。なんだかそんな感じですね。

頭がいっぱいいっぱいになってきました。

きょうはこのへんにしておきます。

格安SIMの勉強のつづきは、また今度~。

つづきはこちら

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする