プリンタ(Canon PIXUS MG3530)テスト印刷のしかた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PR

あーりーです。

プリンタ(Canon PIXUS MG3530)でテスト印刷をする方法をメモしておきます。

テスト印刷というのは、ノズルチェックパターンの印刷のことです。

スポンサーリンク

プリンタのインクが出ない

ここ最近、プリンタの調子が悪くて…

インク(ブラック)が出なくなっていました。

ヘッドクリーニングでもしてみよう!

と思ってやってみたんですけど、改善されませんでした。

インクを交換しよう

インクの残量を確認すると、カラーもブラックも、かなり残り少なくなっていました。

まだプリンタのほうから「インクがなくなりました!」という訴えはあがっていないんですけど、もういっそ交換しちゃおうかという気持ちになり…

さっきインクを取り換えました

テスト印刷しよう

インク交換が完了しました。

インクを交換して本当に改善されたか、テスト印刷で確かめてみることにします。

ノズルチェックパターンというものを印刷して、カラーやブラックの色の出具合をたしかめるんです。

Canon プリンター インクジェット 複合機 PIXUS MG3530 WH ホワイト

テスト印刷(ノズルチェックパターン)の手順

パソコンを使わず、プリンタ単体でテスト印刷(ノズルチェックパターンの印刷)をすることができます。

自分が忘れないように(というか、忘れてもいいように)その方法をメモしておきます。

1.プリンタの電源を入れます。

2.トレイに紙(A4サイズ)を1枚セットします。

3.排紙トレイを開きます。

これで印刷の準備ができました。

以下が、ノズルチェックパターンを印刷する操作です。

4.プリンタ本体の左のほうにある「ストップ」ボタンを長押しします。

5.エラーランプが1回点滅します。

※エラーランプとは、電源ボタンのそばにある△印のランプです

6.エラーランプが1回点滅したら、すかさず「ストップ」ボタンから指を離します!

7.プリンタがウィーンウィーンと動き出して、しばらくするとノズルチェックパターンが印刷されます。

これで終了です。

あとは印刷が終わるまでじっと待ちます。

ノズルチェックパターンを見ると、どの色が出ていないかわかります。

指を離すタイミングが遅れると、テスト印刷ではなくヘッドクリーニングになる

手順の6では、エラーランプが1回点滅したらすぐに「ストップ」ボタンから指を離します。

少しでも遅れるとダメです。

ラーランプが2回点滅してから指を離すと、プリントヘッドのクリーニングの操作になってしまいます。

ぼくはこれで一度失敗しました(笑)

みなさんもどうかお気をつけて。

ちゃんと印刷されていた

今回、テスト印刷(ノズルチェックパターンの印刷)をしてみたところ、ちゃんとどの色も出ていました。

直りました!

めでたし、めでたし。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする