「美しさ」を自慢しなければ「醜さ」を指摘されることもない(菜根譚)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

あーりーです。

中国の古典『菜根譚』のゆる~い現代語訳です。

現代語訳のトップページはこちら

菜根譚には「前集」と「後集」があります。

今回は「前集」の131から135です。

スポンサーリンク

前集131 自分の意見 他人の意見

大勢に疑われたからといって、自分の意見を変えないように。

自分の意見を押し通して、相手の意見をないがしろにしないように。

小さな恵みを私物化して、全体を損なわないように。

大勢の意見を盾にして、私欲を満たすことのないように。

前集132 善人と悪人

相手が善人だとわかっている場合でも、いますぐ親密に付き合える状態になければ、褒め称えるのは止めたほうがいいです。

なぜなら、陰口を吹き込んで仲を裂こうとする人が出てくるからです。

相手が悪人だとわかっている場合でも、いますぐ追い出せる状態になければ、その人の悪事を暴露するのは止めたほうがいいです。

そんなことをしたら、めぐりめぐって自分が被害を受けるからです。

スポンサーリンク

前集133 太陽のような節義

青空の太陽のように誰の目にも明らかな節義は、暗い部屋のように誰の目にも触れないところから生まれます。

世界を変えるダイナミックな政策は、薄い氷を踏むような慎重な行動から生まれます。

前集134 家族のはなし

父は慈しみの心を持ち、子は親孝行をし、兄は友愛にあふれ、弟は恭しい…

これらのことが最高レベルで実現できたとしても、家族にとってそれは当たり前のことなので、感動するまでもありません。

もしも家族同士で、「自分は家族に恵みを与えている立場だ」と考えたり、逆に「自分はお恵みをいただいている身分だ」と意識するようなことがあれば、それはもう家族ではなく、世間一般の他人の付き合いと変わりません。

前集135 「美しさ」を自慢しなければ「醜さ」を指摘されることもない

人は誰でも「美しさ」と「醜さ」を持っています。

自分が「美しさ」を自慢することがなければ、「醜さ」を指摘されることもないでしょう。

ものごとには「清さ」と「汚さ」があります。

自分が「清さ」だけを好むようなまねをしなければ、他人から「汚さ」を指摘されることもないでしょう。

『菜根譚』の現代語訳トップページ

関連記事コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

自己紹介

あーりーと申します。アクセスありがとうございます。布団でぬくぬくしながら本を読んだりスマホでテレビを見たり、のんびり過ごすのが好きです。

ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ