百人一首 現代語訳 No.51~55

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PR

あーりーです。

百人一首のゆるい現代語訳を書いています。

今回はNo.51~55です。

スポンサーリンク

ゆる訳 百人一首

51.かくとだにえやはいぶきのさしも草 さしもしらじなもゆる思ひを(藤原実方朝臣)

【訳】なんでもないことでさえ言い出しづらいのに、ましてやこの燃える思いをあなたに伝えるなんて無理ですよ。

52.あけぬれば 暮るるものとは知りながら なほうらめしき朝ぼらけかな(藤原道信朝臣)

【訳】夜が明けました。お別れの時間です。夜が明けても、日が暮れるとまたあなたに会えます。それはわかっているんですけど、それでもやっぱり夜明けはうらめしいですよ。

53.嘆きつつ ひとりぬる夜の あくるまは いかに久しき ものとかはしる(右大将道綱母)

【訳】あなたに会えず一人で嘆きながら寝る夜は、夜明けまでどれほど長く感じることか。あなたには分からないでしょうね。

54.忘れじの ゆくすゑまでは かたければ 今日をかぎりの いのちともがな(儀同三司母)

【訳】「いつまでも忘れないよ」というあなたの言葉が、未来もずっと変わらなければいいんですけど、それは難しいでしょうね。だから、その言葉が聞けた今日を限りに、命が消えてしまえばしあわせなのに。

55.滝の音は たえて久しくなりぬれど 名こそ流れて なほ聞こえけれ(大納言公任)

【訳】あの滝の水が枯れてずいぶん経ちますが、その滝の名前はいまも世間に流れてよく耳にします。

今回も最後まで読んでくださってありがとうございます。

百人一首のゆるい現代語訳 トップページ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする