尾田栄一郎さんが嫉妬する漫画『四月は君の嘘』

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

『一流が嫉妬したスゴい人』という番組で、『ワンピース』の作者の尾田栄一郎さんが、嫉妬するほど面白いという漫画を紹介していました。

それは…

四月は君の嘘』です。

四月は君の嘘(1) (月刊少年マガジンコミックス)

新川直司さんの作品です。2011年から2015年まで講談社の月刊少年マガジンで連載されていました。

スポンサーリンク

どんなお話?

主人公は、神童と呼ばれた天才ピアニスト・有馬公生。

彼は、母の死をきっかけにピアノの音が聴こえなくなり、音楽から遠ざかります。

でも、同い年のヴァイオリニスト・宮園かをりと出会って、ふたたび音楽の道を歩みだします。

2人の恋と、音楽家としての成長を描いたお話です。

読むのが止まらず自分の原稿が書けなかった

尾田栄一郎さんは、ときどきネットで「面白い漫画」を調べて読むそうです。

多忙をきわめる身なので、たいていは1~2巻で読むのをやめるのですが、『四月は君の嘘』を読んだときは、全巻読むまで止まらなかったといいます。

締め切り前で、ちょっとした気分転換のつもりだったのに読むのが止らなくて、あやうく『ワンピース』の原稿が締め切りに間に合わなくなるところだったそうです。

『一流が嫉妬したスゴい人』という番組で、「グイグイ引き込むんじゃないよ!冗談じゃないよ!」と絶賛のコメントをされていました。

スポンサーリンク

雰囲気のあるカット

尾田栄一郎さんは、この漫画の「雰囲気のある1カット」や、「映画やイラストでときどき日本人が見せる独特の距離感」がイイと語っています。

次のコマに目をやるのがもったいないくらいイイ

とベタ褒めです。

漫画から音楽が聴こえる

『四月は君の嘘』は音楽をテーマにした漫画です。音楽は、漫画がもっとも苦手とするジャンルです。漫画から音は聞こえませんからね。

尾田栄一郎さんは、この漫画について、

“音楽”の表現がまあ見事

と絶賛しています。ページから音が聴こえてくるような漫画なんですね。

本気で選んだ作品

集英社で連載している尾田栄一郎さんが、講談社の作品を選んだということは、それだけ本気の大絶賛なんですね。

感想

それにしても…

忙しい尾田栄一郎さんが、ネットでおもしろい漫画を調べて読んでいるとは。

日本一(というより、ギネスに認定されたので世界一)の漫画家さんが、まだまだ向上心をもって日々勉強しているんですね。

あっ、ご本人にとっては勉強というより、好きだから読んでいるという感覚なのかな。努力ではなく、好きだからやる。そういう感覚だからこそ、日々自然に進化できるんですね。

関連記事コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

自己紹介

あーりーと申します。アクセスありがとうございます。布団でぬくぬくしながら本を読んだりスマホでテレビを見たり、のんびり過ごすのが好きです。

ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

グロースファクター 毛髪再生