ずば抜けた活躍に憧れるより、日ごろの行いを大切に(菜根譚)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PR

あーりーです。

中国の古典『菜根譚』のゆる~い現代語訳を書いています。

現代語訳のトップページはこちら

菜根譚には「前集」と「後集」があります。

今回は「前集」の111から115です。

スポンサーリンク

前集111 ずば抜けた活躍に憧れるより、日ごろの行いを大切に

個人的に誰かに恩を着せるより、全体のことを考えて行動するほうが良いです。

新しい顔見知りを次々とつくるより、古い友人との付き合いを深めるほうが良いです。

目立ってちやほやされるより、人目に付かないところで徳を積むほうが良いです。

ずば抜けた活躍に憧れるより、日ごろの行いを大切にするほうが良いです。

前集112 正論に逆らわない 権力に取り入らない

公平な正論に逆らってはいけません。

一度でも逆らうと、後々まで恥をさらすことになります。

権勢や私利私欲におぼれる人々を訪ねてはいけません。

一度でも足を踏み入れると、その汚れは一生消えません。

前集113 大切な思いを曲げてまで他人を喜ばせるくらいなら

自分の大切な思いを曲げてまで他人を喜ばせるくらいなら、大切な思いを貫いて嫌われるほうがましです。

なにも良いことをしてないのに褒められるくらいなら、悪いことをしてないのに責められるほうがましです。

前集114 肉親や友人との付き合い

肉親にゴタゴタがあったときは、まず落ち着きましょう。

感情に振り回されてはいけません。

友人が失敗したときは、適切に声をかけましょう。

ゆったりかまえて放っておいてはいけません。

前集115 本物の英雄

ちょっとしたことでも手を抜かない。

誰も見ていないからといってズルをしない。

落ちぶれても、やさぐれない。

これができてこそ、本物の英雄です。

『菜根譚』の現代語訳トップページ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする