夢まぼろしのような現実世界(菜根譚)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

あーりーです。

中国の古典『菜根譚』のゆる~い現代語訳を書いています。

現代語訳のトップページはこちら

今回は「前集」の101から105までの訳です。

スポンサーリンク

前集101 欲望は自分を焼き滅ぼす

金持ちの家に生まれた人は…

美食への欲望が猛火のようにすさまじいです。

権力への欲望も烈火のように激しいです。

多少は冷静な部分もあれば良いんですけどね。

その炎は、人を焼くのでなければ、かならず自分自身を焼いてしまうでしょう。

前集102 本気

人が本気になれば、霜を降らすことも、城をおとすことも、石を貫くこともできます。

一方で…

本気になれない人は、形だけで中身がありません。

そういう人たちは、誰かと接するとき、とても憎らしい顔をしています。

一人でいるときも、自分で自分の姿に嫌気がさしていることでしょう。

前集103 ありのままの姿

文章も究極にいたれば、特別な奇抜さがあるわけではなく、ただしっくりくる表現があるだけです。

人物も究極にいたれば、特別なすごさがあるわけではなく、ただありのままの姿があるだけです。

前集104 夢まぼろしのような現実世界

ぼくらは夢まぼろしのような現実世界を生きています。

富や名声はもちろん、この体でさえも、天からの借り物です。

一方で、ぼくらは真実の世界を生きています。

父母兄弟はもちろん、この世界のあらゆるものが一体です。

このことをよく理解できたなら、天下の大仕事を担うこともできるし、世間のしがらみから脱することもできるでしょう。

前集105 美食と享楽

おいしい食べ物は、腸にダメ―ジを与え、骨を腐らせます。

でも、食べ過ぎなければ体に害はありません。

娯楽や享楽は、深みにはまれば身を滅ぼし、徳を失います。

でも、適度に楽しむ分には、後悔しないでしょう。

『菜根譚』の現代語訳トップページ