悪魔を家族にする(菜根譚)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

あーりーです。

生きるヒントがたくさん詰まった中国の古典『菜根譚』(さいこんたん)。

そのゆる~い現代語訳を書いています。

現代語訳のトップページはこちら

菜根譚には「前集」と「後集」があります。

今回は「前集」の076から080までの訳です。

スポンサーリンク

前集076 空っぽの心 満たされた心

心は空っぽにしておくのが良いです。

空っぽなら、正しい気持ちが芽生える余地があります。

一方で…

心は満たされているのが良いです。

満たされていれば、欲望の入り込む隙がありません。

前集077 汚れを受け入れる

いろいろなものが混ざった土だからこそ、そこからたくさんの生命がうまれます。

完全にきれいな水には、魚が住めません。

土も水も、清潔すぎると生き物が生きていけないんです。

だから人間も、生きていく上で多少の汚れを受け入れる気持ちが大切です。

潔癖すぎて独りよがりになるのは、良くありません。

スポンサーリンク

前集078 あばれ馬

あばれ馬も、調教次第ですごいパワーを持った良い馬として活躍します。

型にはまらず溢れるような金属も、職人の手によってうまく鋳型にはまって活かされます。

あばれ馬も、溢れる金属も、もともとエネルギッシュだから、うまく方向さえ定まれば飛躍できるんです。

一方…

いつもダラダラと過ごしてやる気のない人は、一生進歩することなく終わってしまいます。

白沙先生は言います。

「人として生まれて病気(失敗、あやまち、やんちゃ)が多いのは、恥ずかしいことではない。一生病気を知らずに過ごすことのほうが危ない」と。

おっしゃる通りです。

前集079 貪欲さは人生を壊す

人はほんの少しでも貪欲な心を持ってしまうと…

強い人も弱くなり、聡明な人も暗愚になり、恩を大切にする人も残忍になり、潔白な人も汚れます。

こうして人は貪欲さによって一生の品位を壊してしまうんです。

だから昔のある偉人は、何でもかんでも求めないことを宝としました。

これこそ、偉人が偉大である理由なんです。

前集080 悪魔を家族にする

耳や目から入ってくる欲望は、外側から入ってくる悪魔です。

情欲の意識は、内側から生まれる悪魔です。

惑わされず、自分自身を心の真ん中にしっかりと置きましょう。

自分さえちゃんとしていれば、悪魔を家族のような存在に変えることができます。

『菜根譚』の現代語訳トップページ

Amazon 菜根譚
関連記事コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

自己紹介

あーりーと申します。アクセスありがとうございます。布団でぬくぬくしながら本を読んだりスマホでテレビを見たり、のんびり過ごすのが好きです。

ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ