人はなぜ行列に並ぶのが苦痛なのか

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

ぼくは行列に並ぶのがとても苦手です。最後に行列に並んだのはいつだったか…。思い出そうとしても思い出せないくらい、行列を避けて生きています。

ラーメン屋さんでもイベント会場でも、

「並ぶくらいなら、並ばなくていいところを探そう」

と思ってしまいます。

野村雅一さんという方の『身ぶりとしぐさの人類学―身体がしめす社会の記憶 (中公新書)』という本に、行列のことが書かれているそうです。

林先生が『初耳学』という番組でおっしゃっていました。

その本によると…

スポンサーリンク

人が行列を嫌う理由

ほとんどの人にとって、だれかに背を向けられるのは、なんとなくイヤな気持ちがするものですよね。

自分のうしろに立たれるのも、おなじくイヤなものです。

このイヤなこと2つを兼ね備えているのが行列なんだそうです。

「見たくない背中を見せられて、見られたくない背中を見られる」

それが行列。

なるほど~。行列に並びたくないと思うのは、人として当たり前のことなんですね。

これで食事やイベントなどで、一緒に行った人から「並ぼう!」と言われたときに断るネタができました。

いや、待てよ。

いちいち上のような理由を並べ立てて断るのは、考え物ですね。そんなのただのイヤな奴じゃないですか。

危ない危ない…

やっぱり今までどおり、「並ぶのいやだから、別のとこにしよ」と軽やかに言うことにします。

上の理由は、ぼくの心の中にとどめておきますね。おしまい。