2016年に日本で公開されるディズニー映画は全9作品

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

みなさんはディズニー映画はお好きですか? 2016年はウォルトディズニー・スタジオがほぼ毎月、大作を公開する予定だそうです。たくさんあるので備忘録としてここにまとめておきますね。

日本で公開されるのは全9作品です。

スポンサーリンク

2016年のディズニー映画

2月 『ザ・ブリザード』

3月 『アーロと少年』

4月 『ズートピア』、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』

7月 『ファインディング・ドリー』、『アリス/スルー・ザ・ルッキング・グラス』

8月 『ジャングル・ブック』

9月 『BFG』

12月 『ピートとドラゴン』

ピクサー作品が2本も公開

上に挙げた作品のうち、ピクサーの作品が2本あります。

ピクサーとは、アップルのスティーブ・ジョブズがいたアニメーションスタジオです。

ピクサーが1年に2作品を公開するのは初めてのことです。

ピクサーの作品はつぎの2つです。

アーロと少年

まずは3月公開の『アーロと少年』という映画です。

作品の舞台は、恐竜の世界。絶滅せずに進化をとげた恐竜たちが、文明と言葉を持った…という設定です。

大きな体で弱虫の恐竜アーロと、小さいけれど勇敢な少年スポット。この2人が一緒に旅をするストーリーです。CGがリアルで、実写と見まちがうくらいきれいだそうですよ。

ファインディング・ドリー

2016年7月には…

あの『ファインディング・ニモ』の続編として『ファインディング・ドリー』が公開されます。

裏事情

ところで。

ピクサーの作品はこれまで、1年に1本の公開がふつうでした。

それが2016年には2本も公開されます。

その理由は…

作品のつくり直し

3月に公開される『アーロと少年』は、もともと去年の公開予定でした。

でも作り直しになったので2016年の公開になったそうです。

それでピクサーの作品が年に2本になったんですね。

作り直されたということは、それだけ良いものに仕上がっているということですね。

以上、2016年公開予定のディズニー作品のメモでした。

おしまい(^-^)