ツイッタークライアント Cheetah(チーター)の感想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

あーりーです。

ツイッターを使うとき、ツイッターの公式サイトから使う方法と、ツイッタークライアントと呼ばれる別のサービス(ついっぷる、Janetterなど)を通して使う方法がありますよね。

今回はパソコンでCheetah(チーター)というツイッタークライアントを使ってみました。

スポンサーリンク

Cheetah(チーター)を使うには

ダウンロードやインストールは、いりません。

手順です。

1.Cheetah チーター公式サイトにアクセスします。

2.「Twitterアカウントで登録(無料)」をクリックします。

3.ツイッターのIDとパスワードを入力します。

4.「ログイン」をクリックします。

5.利用規約を読み、同意します。

はい!

これでツイッタークライアント「Cheetah チーター」が使えるようになりました。

Cheetah(チーター)の管理画面メニュー

管理画面の左側には、つぎのようなメニューが並んでいます。

スポンサーリンク

ダッシュボード

ダッシュボードからは、フォロワー数、フォロー数のほかつぎの情報が確認できます。

ファン数

こちらからはフォローしていないけど、むこうからフォローしてもらっているアカウントの数です。「フォロー返し」をクリックすると、すぐフォロー返しできる画面が出てきます。

うっかりフォロー返しをし損ねているアカウントがあれば、すぐにわかります。

フォローされていない

こちらからフォローしているけど、むこうからはフォローしてもらっていないアカウントが表示されます。「フォロー解除」をクリックすると、すぐにフォロー解除できる画面が出てきます。

非アクティブ

フォローしているアカウントのうち、実際には稼働していないアカウントが表示されます。

1度もツイートしていないアカウントとか、最近めっきりツイートしていないアカウントとか。これも「フォロー解除」をクリックすると、すぐにフォロー解除できる画面が出てきます。

受信箱

受信箱では、メンション(自分あての返信など)などが確認できます。

フォロー整理

ダッシュボードの情報と重なる部分も多いのですが、以下の情報が確認できます。

  • ファンのアカウント(一方的にフォローしてくれているアカウント)
  • フォローされていないアカウント(フォローしているけど、むこうからはフォローしてくれていないアカウント)
  • 相互フォローのアカウント
  • 自分がフォローしているアカウント
  • 自分をフォローしてくれているアカウント
  • フォローリクエスト
  • 非アクティブ
  • メンションされたツイート
  • 最近フォロー解除されたアカウント
  • 最近フォローされたアカウント
  • フォロワーコピー(競合アカウントのフォロワーをフォローするためのもの)
  • フォローチェック

などです。

かなり細かくフォロワーの状態を把握することができます。

キーワードフォロー

キーワード検索をかけて、つぶやきを絞り込む機能です。

自動DM

フォローしてくれた人に自動で送信するDMが設定できます。

フォロワーを大切にするCheetah(チーター)らしい機能です。

ツイート

自分のツイートが確認できます。以下の3項目があります。

  • 最近のツイート
  • RTされたツイート
  • Likeされたツイート

RTされたツイートやLikeを一覧でパッと確認できるのは嬉しいですね。

予約投稿

予約投稿を設定できます。

設定

アカウント設定やユーザー管理を行います。

以上が、Cheetah(チーター)の管理画面です。

使ってみた感想

Cheetah(チーター)は、リアルタイムでつぶやいたり、メンションに反応したり、フォロワーさんと当意即妙のやりとりしたりをするよりも、じっくりとフォローやフォロー返しの管理をするのに適したツイッタークライアントだと感じました。

ツイートそのものよりも、フォロワーを把握したり、フォロワーを増やすことに重点をおきたいときに使うと便利そうです。

関連記事コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

自己紹介

あーりーと申します。アクセスありがとうございます。布団でぬくぬくしながら本を読んだりスマホでテレビを見たり、のんびり過ごすのが好きです。

ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

グロースファクター 毛髪再生