苦手なのではなく苦手意識があるだけかも

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

あーりーです。

自分はこれをするのが苦手だな…

って思うことが、だれにでもありますよね。

ぼくにもいっぱいあります。

算数、日曜大工、ボールを使ったスポーツ、犬

その他いっぱい。

その中には、本当に苦手なこともあれば、じつはそうではないこともあるかも知れません。

ぼくは歴史が好きで、人物事典をよく読んだりします。

いろいろな人物がいて、みんなそれぞれの分野で活躍しています。

歴史に名を残すほどですから、みんな自分の得意な道で輝いています。

苦手な道で輝いた人はいません。

苦手な道で歴史に名を残した人はいません。

ところで…

得意なことと、苦手なこと。

自分自身でも、よくわからないことが多いですよね。

スポンサーリンク

自分の得意と苦手がわからない

自分は何をするのが得意で、何をするのが苦手なのか…

わからないという人もたくさんいると思います。

なんとなくわかっているようでも、ある日とつぜん新しい得意分野や、新しい苦手分野を発見する…

そんなこともあると思います。

何が得意で、何が苦手かは、自分の中でも未知の領域という人は多いです。

自分のすごさは他人が知っている

自分ではあたりまえにやっていることでも、他人から見ると「すごい」ということが、誰にでもあります。だから、自分のすごいところは他人に聞いてみないとわかりません。

自分では「これ苦手」だと思っていることでも、他人から見ると「うまいね」「よくできてるよ」「それ得意でしょ」と言われる。そんな話も聞きます。

自分が苦手と思っていることは本当に苦手なのか

何が苦手で、何が得意か。

本当のところは自分自身でも、よくわからないものですよね。

いろいろやってみて、いろいろな人の話をきいて、それではじめて発見できることがいっぱいあります。

自分では「苦手だ」と思っていることも、じつは苦手じゃなかった!(むしろやってみたら得意だった!?)

なんてこともあるから、人っておもしろいですね。

本当に苦手なのではなく苦手意識があるだけかも

自分では「苦手だ」と思っていることも、本当に苦手なのではなく、じつは苦手意識があるだけなのかも知れません。

苦手意識。

自分で苦手だと思い込んでいるだけ。

だれでも緊張するし不安になる

たとえばの話をします。

人前に出て話す。

これが苦手だなぁ、と自分で感じている人がいたとします。

「人前に出ることを考えると、緊張してドキドキする」

「うまくいくだろうか…って不安になる」

だから、自分は人前に出て話すことが苦手なんだ。

と思うかもしれません。

でも…

売れっ子のお笑い芸人さんやベテラン歌手も、本番のステージの前は、緊張してドキドキすると聞いたことがあります。

歴史のはなしで言うと、いくさ上手の徳川家康さえも「関ヶ原の戦い」のときは、不安で不安で落ち着かなかったらしいです。

売れっ子のお笑い芸人はお笑いが苦手なのかっていうと、そんなことないです。

ベテラン歌手は歌が苦手なのかっていうと、そんなことないです。

家康はいくさが苦手なのかっていうとそんなことないです。

得意な人でさえも、緊張したり、ドキドキしたり、不安になったりします。

苦手意識を取り除けば可能性が広がる

自分自身で「これをするのは苦手だな~」と感じていることの中には、もちろん本当に苦手なこともあると思います。

でも、一方で…

本当は苦手じゃないのに、苦手意識が邪魔をしているだけのことも、あるかも知れません。

「苦手なのではなく、苦手意識をもっているだけ」

と思えるものがあれば、可能性がパッと広がりそうですね。

やってみたら(はじめは、ぎこちないかも知れないけど)意外とうまくいったりするかも。

というわけで…

もしも自分の心に苦手意識というフタをしているのだとしたら、もったいないなぁ~と思うんです。(自分に言ってます)

PR

ブログランキング ブログ村に参加しました! よろしければ応援クリックお願いいたします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

自己紹介

ブログランキング・にほんブログ村へ

あーりーと申します。アクセスありがとうございます。布団でぬくぬくしながら本を読んだりスマホでテレビを見たり、のんびり過ごすのが好きです。

スポンサーリンク