読書のための読書が本当のしあわせ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

あーりーです。

読書が好きです。

とくに…

清潔なサラサラシーツのふとんや、あたたかぬくもりいっぱいのふとんで、ぬくぬくと読書するのが好きです。

ふと

読書の本当のしあわせって何かな、って思います。

スポンサーリンク

読書にしあわせを感じない

思えば…

最近自分は、読書にしあわせを感じることが少なくなったような気がします。

「何かのための読書」が多くなったんです。

何かのための読書

仕事のための読書。

勉強のための読書。

成長のための読書。

ブログのネタのための読書。

調べもののための読書。

そういう読書が多くなって、純粋に読書を読書として楽しむことが、大人になるにつれて少なくなったんじゃないかって思うんです。(大人になってもうずいぶん経ちますが)

読書のための読書

「何かのための読書」も良いには良いんですけど、やっぱり何のフレームもないところで自由に活字を味わう「読書のための読書」こそが本当の読書のしあわせだと思うんです。

読書のために読書する。

ものすごくぜいたくな時間です。

至福です。

むかしは、そういう読書をたくさんしていた気がします。

ぜいたくな時間の使い方

たとえば『戦争と平和』『罪と罰』『カラマーゾフの兄弟』なんていう長編小説を読んでも、ブログのネタにするわけでもなく、ふせんを貼って何か吸収するわけでもなく…

本当にただ読みたいから読む。

それだけ。

なんてぜいたくな時間の使い方。なんてしあわせな読書のしかた。って、いまは思います。

何かのための読書、おおいに結構

今は読書をしていても「これはブログのネタになるかも」とか「ふせんを貼ってあとで役立てよう」とか、そんなことが頭をチラチラよぎります。

それはそれでいいことなんです。

何かのための読書。おおいに結構なんです。それも必要なんです。

ただ…

何のためでもなく、ただ読書のためだけに読書をしていたあの自由な気持ちとは、少し違う。

アウトプットのための読書になっている

以前は、アウトプットを目的として読書することはありませんでした。

だから自由な気持ちで、純粋に読書に没頭できました。

いまは、どうしてもアウトプットがチラつきます。

心は自由なつもりでも、アウトプットありきなんです。

この本を読めば、こういうアウトプットができる(ブログに書ける、仕事で活かせる、生活が便利になる、できなかったことができるようになる、話題づくりになる)っていう思いがどうしても強くなってしまう。

そういうアウトプットのための読書にしばられてしまっている。

本当に読みたいものは何か

アウトプットにしばられず、本当に読みたいものは何?

って自問自答したとき、とっさにが答えが出ません。

頭が「何かのための読書」に慣れ過ぎてしまったんです。

それはぼくにとって必要なことだったのかも知れません。

でも、ちょっと悲しい。

本当に読みたいものを読んで、読書のための読書を味わう。

その至福をまた感じられるように、気持ちをほぐしていけたらいいな、って思います。