百人一首 現代語訳 No.41~45

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

あーりーです。

百人一首のゆるい現代語訳です。

前回はNo.36~40の歌でした。

今回はNo.41~45の歌を載せています。

スポンサーリンク

ゆる訳 百人一首

41.恋すてふわが名はまだき立ちにけり 人しれずこそ思ひそめしか(壬生忠見)

【訳】人知れずあの人を想っていたはずなのに。私のこの気持ち、みんな知ってるんだね。

42.ちぎりきなかたみに袖をしぼりつつ末の松山波こさじとは(清原元輔)

【訳】末の松山を波が越すことはない。それと同じく、ふたりの愛もけっして変わることがない。そう誓いあって泣いたものでしたね。

43.あひみての のちの心にくらぶれば 昔は物を思はざりけり(権中納言敦忠)

【訳】あなたと過ごしたあとの、この切ない気持ちにくらべたら、あたなと会う前の切なさなんて、たいしたことではありませんでした。

44.あふことの たえてしなくはなかなかに 人をも身をも恨みざらまし(中納言朝忠)

【訳】あなたと過ごした時間はしあわせでした。そのひとときがなかったら、かえってあなたを恨んだり、自分を責めたりすることはなかったのに。

45.あはれとも いふべき人は思ほえで 身のいたづらになりぬべきかな(謙徳公)

【訳】私をあわれんでくれる人などいない孤独の中で、叶わぬ人を恋しく思いながら、私は死んでいくんでしょうね。

百人一首No.41~45のゆるい現代語訳でした。

今回も読んでくださってありがとうございます。

このつづきはこちらをご覧ください。

全体のもくじは、百人一首のゆるい現代語訳もくじからどうぞ。

関連記事コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

自己紹介

あーりーと申します。アクセスありがとうございます。布団でぬくぬくしながら本を読んだりスマホでテレビを見たり、のんびり過ごすのが好きです。

ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ