ニュータイプとは人類の偏見のない叡智

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

最近ニュータイプについて考えています。

「機動戦士ガンダム」に出てくる、あれです。

考えるといっても、べつに真剣にどうこうというんじゃありません。ただぼんやりと思うんです。ニュータイプって何なんだろうって。

スポンサーリンク

ニュータイプって何だろう

思うにまかせて書いたのが、こういう記事たちです。

ニュータイプは人類の希望か復讐の道具か
ニュータイプとは何か 人は自分の見たいものを見る
ジオン・ダイクンが語ったニュータイプ像
ニュータイプは超能力者ではない
レビル将軍が語るニュータイプ 認識力が強化拡大された者
ニュータイプという言葉の意味はブレているのか?
シャア、人の話聞かない説

「機動戦士ガンダム」の小説を読んでいると、ニュータイプについての記述があちこちに出てきます。ガンダムの小説ですから、あたりまえですよね。

その記述を拾って、ふむふむニュータイプってこういうことなんだ、と感心するのが最近楽しいです。

偏見のない叡智

アムロはララァと出会ってニュータイプの存在を確信します。

引用しますね。

「アムロは洞察した。ニュータイプはあり得るのだ。」

「思惟の伝達の判り合い、数百数千、数百万の認識が重なり合いながら人類が偏見のない叡智を掴む」

アムロはララァとわかりあうことで、ニュータイプって本当にいるんだ!と感じます。本当にいるも何も、アムロ自身がそうなんですけどね。

偏見のない叡智。

そう言われてぼくが想像するのは、なんとなく博愛主義的な、みんなありのまま受け入れる的な雰囲気です。

どんな人も偏見なく受け入れることができる叡智。

博愛ではない!?

でも、ガンダムに出てくるニュータイプってときどきすごく人を嫌悪しますよね。

敵味方の壁を超えてわかりあうことがあるかと思えば、相手の存在そのものを嫌悪することもある。

だから、博愛ではないんです。

相手を誤解なく理解して、その結果、相手が嫌悪に値する存在なら、嫌悪する。

そういうことなのかなって、今のところは思います。

ニュータイプについては、気が向いたらもっと手がかりになる言葉を小説の中から拾って、研究(という名の自己満足)をしてみたいと思います。

PR

ブログランキング ブログ村に参加しました! よろしければ応援クリックお願いいたします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

自己紹介

ブログランキング・にほんブログ村へ

あーりーと申します。アクセスありがとうございます。布団でぬくぬくしながら本を読んだりスマホでテレビを見たり、のんびり過ごすのが好きです。

スポンサーリンク