ネタバレ「機動戦士ガンダム」アニメと小説の違い

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あーりーです。

「機動戦士ガンダム」(ファーストガンダム)のアニメと小説の違いをまとめました。

ものすごくネタバレがあるので、ご注意ください。

知りたくない方は、ここから先は読まないようにお願いいたします。

ぺこり。

スポンサーリンク

アムロとセイラの関係

小説ではアムロとセイラは大人の関係になります。アニメではそんなシーンはないですよね。

小説「機動戦士ガンダム」 アムロとセイラの夜

一年戦争が1年で終わらない

アニメでは、戦争は宇宙世紀0079年の1月にはじまって12月に終わります。だからのちに「一年戦争」と呼ばれます。

小説では宇宙世紀0080年に突入しても戦争は終わりません。

アムロの立場

アニメでは、アムロは初め民間人で、途中から軍人になります。

小説では最初から軍人です。

シャアが乗るモビルスーツ

アニメでは、シャアはザク、ズゴック、ゲルググ、ジオングに乗りました。

小説で乗ったのは、ザクとリック・ドムだけです。

シャアの額の傷

アニメでは、シャアの額の傷はア・バオア・クーでアムロとフェンシングをしたときにできました。

小説では、ザビ家への復讐を誓って自分でつけたものです。

小説版「ガンダム」 シャアの額の傷は自分でつけたもの

スレッガー中尉

アニメでは、スレッガー中尉は「悲しいけどこれ、戦争なのよね」という名言を残し、ビグ・ザムと戦って死にました。

小説では生き残ります。

マチルダ中尉

アニメでは、マチルダ中尉は黒い三連星(トリプル・ドム)にやられて亡くなりました。

小説では生き残ります。

ギレンとハモンは昔付き合っていた

アニメでは、ギレン・ザビとクラウレ・ハモンに接点はありません。

小説では、ギレンとハモンは昔付き合っていたことになっています。

カイ・シデンがシャアに決闘を申し込む

アニメのカイ・シデンは「軟弱者!」とののしられ、セイラさんにビンタを食らいます。

小説のカイ・シデンは、シャアに決闘を申し込むツワモノです。

アムロが戦死する

アニメのアムロは最後まで生き残ります。

小説のアムロは、戦死します。

シャアがブライトの仲間になる

アニメのシャアは、最後までブライトたちの敵でした。

小説のシャアは、ブライトたちと手を組み、ホワイトベース(小説ではペガサス)のブリッジに来て連邦軍のみんなに顔見せをします。文字どおり、マスクを取って素顔をさらします。

シャアとブライトの共同作戦

アニメの最後は、連邦軍がジオンのア・バオア・クーを攻めました。

小説の最後は、シャア、ブライトたち、そしてキシリアの連合軍が、ギレンを攻めます。

ランバ・ラルは秘密警察

アニメのランバ・ラルは、ドズルの命を受けた「ガルマの仇討部隊」として登場します。

小説では、ギレン配下の「秘密警察」として登場します。

小説「機動戦士ガンダム」ランバ・ラルはギレンの秘密警察

フラウ・ボウは自動車整備士に

アニメのフラウ・ボウは、最後までホワイトベースに乗っていました。

小説では、途中でホワイトベース(小説ではペガサス)を降りて、ルナツーの工場で働きながらカツ、レツ、キッカを育てます。

ホワイトベースの進路

アニメのホワイトベースは、サイド7を出発して、ルナツー、北アメリカ、日本、ロブ湖、オデッサ、ヨーロッパ(ベルファスト)、そして南米のジャブローにたどり着き、そこから宇宙に戻ってサイド6、ソロモン、テキサス、そして最後にア・バオア・クーに至ります。

小説では、一度も地球には降りません。ずっと宇宙です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする