機動戦士ガンダム ギレンの元カノは意外なあの女性キャラ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PR

小説「機動戦士ガンダム」。

第3巻のパート20は「胎動」です。

機動戦士ガンダム〈3〉 (角川文庫―スニーカー文庫)
機動戦士ガンダム〈3〉 (角川文庫―スニーカー文庫)

ちょこちょことネタバレがあります。

小説を楽しみにしている方は、ここから先はご遠慮ください。

今回はキリシアやギレンの話です。

スポンサーリンク

ハモンがギレンと付き合っていた事実

小説によると、あのクラウレ・ハモンは、ギレンの元カノだったようです。

びっくり!

小説の中の表現を借りると…

「数年前、ギレンがつき合っていた何人かの女たちの中の一人」

…だそうです。

現在ハモンと付き合っているランバ・ラルはどう思っているのかというと…

こちら↓

「ギレンが回してくれた女という屈辱感は未だ拭うことができない。」

と表現されています。

おぉ~。そんな事情があったとは。

さすが小説。

アニメでは描けないところまで書いてくれます。

キシリアがシャアの正体に気付く

ご存じのように、シャアの本名はキャスバル・レム・ダイクンです。

その父、ジオン・ズム・ダイクンは、ザビ家に謀殺されたという噂があります。

そこでシャアは父の復讐のために、マスクをして正体を隠しながらザビ家に近づきました。

そのシャアの正体が、ついにキシリア・ザビにバレます。

有名な「手の震えが止まりません」のシーンですね。

アニメでいうと第41話「光る宇宙」です。

ちなみにギレンはもっと前のパート17でシャアの正体に気付いています

キシリアはなぜ気づいたのか?

きっかけはハモンです。

小説では、キシリアはシャアと会う前に、クラウレ・ハモンと会っています。

キシリアとハモンが会う。意外な組み合わせですよね。アニメにはないシーンでワクワクします。

そもそもアニメでは「手の震えが止まりません」の時期にはハモンは戦死しています。

キシリアは、ハモンとの会話をきっかけにして、シャアがキャスバル坊やだと気づきます。

キャスバル坊や

キシリアはむかし、幼かったキャスバル坊や(のちのシャア)とよく遊んだことを思い出します。キャスバル坊やという呼び方がほのぼのしています。

シャアの正体を知ったキシリアは(読者のぼくにとって意外なことに)嬉しいと感じます。

あの幼かったキャスバル坊やが立派に成長してくれて嬉しい、と。

このへんのキシリアの感情も、アニメではあまり表現されていなかった部分ですよね。

ちなみにギレンも昔、幼いシャアと遊んでいます

以上。

第3巻のパート20「胎動」についてでした~。

小説「機動戦士ガンダム」の見どころ トップページ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする