小説「機動戦士ガンダム」 妻の名は? ドズルの謎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小説「機動戦士ガンダム」の見どころを書いています。

今回は第3巻パート18「ドズル・ザビ」です。

タイトルのとおり、ドズル・ザビが登場します。

機動戦士ガンダム〈3〉 (角川文庫―スニーカー文庫)
機動戦士ガンダム〈3〉 (角川文庫―スニーカー文庫)

今回もチラッとネタバレがあります。

なので…

内容を楽しみにされている方は、ここから先は読まないようにお願いします。

スポンサーリンク

ビグ・ザム

まずなんといっても、ドズル・ザビがモビルアーマー「ビグ・ザム」で出撃します。

でもスレッガー中尉は出てこないんです。

あの名言が聞けないのはちょっと残念…。

1/400 ビグザム
1/400 ビグザム

ドズルの妻の名前

この章には、こんな一文があります。

「ドズル・ザビ中将の頭の中には、妻ナルスと誕生日を迎えていない我が子ミネバの事しかなかった。」

妻ナルス!?

ドズルの妻はたしか「ゼナ」という名前だったような…。

そして「ナルス」はガルマの母親の名前だったような…。

う~む。

謎です。

シャアが(また)マスクを取る

シャアがシャリア・ブルとルロイ中尉の前でマスクを取ります。シャアがマスクを取るのは、心を許しているサインです。第1巻ではララァの前でマスクを取っていました

シャアはマスクをとって素顔を晒したあと、シャリア・ブルとルロイ中尉に言います。

「諸君らの前ではガードはやめた」

シャリア・ブルは、アニメではちょっとしか登場しません。

それが小説では、こうも「シャアの盟友」感をもって描かれているのが意外で、おもしろいですね。

シャアはダ・ヴィンチを知らない

雑談の中で、ルロイ中尉がダンテ、レオナルド・ダ・ヴィンチ、ラファエロの名前を出します。

するとシャアは…

「私はそれらの名を一人として知らない」

と衝撃の発言。

なんでも知っていそうなシャアですが、西暦時代の芸術家の名前は知らないんですね。さすが宇宙世紀。時の流れを感じます。

小説「機動戦士ガンダム」の見どころ トップページ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする