小説版「ガンダム」でララァやマチルダより衝撃的に散った女性

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小説「機動戦士ガンダム」の見どころをまとめています。

第2巻の最後の章は、パート16「エルメス」です。

今回もネタバレがあります。

ご注意を。

機動戦士ガンダム〈2〉 (角川文庫―スニーカー文庫)

小説を楽しみにしている方は、どうかこれ以上は読まないようにお願いいたします。

とても心に残る章でした。

スポンサーリンク

クスコ・アルの死

小説にはクスコ・アルという女性パイロットが出てきます

ジオンのニュータイプです。

ララァ亡きあとのエルメスに乗っています。

この章では、クスコ・アルが戦死します。

アニメにはいないタイプの女性

クスコ・アルは、ファースト(アニメ版の「機動戦士ガンダム」)には、いなかったタイプの女性です。

完成ゆたかで、アムロのことを「坊や」と呼んだり「可愛い」と思ったりして、大人びていて、それがときどき鼻持ちならなくて、クセがあって、それでいて真っ直ぐで。どちらかというと「Zガンダム」以降の作品に出てきそうな女性パイロットです。

その死はララァ以上に印象的

クスコ・アルの死は、ララァ以上の衝撃をもって描かれています。少なくともぼくはそう感じました。

そもそもこの小説では、ララァ以上にクスコ・アルのほうが存在感があります。

ララァには透明感がありました。クスコ・アルには透明感はありません。そのぶん、手で触れられそうな存在感があるんです。

だからこそ、その死も印象的で、切なかった。

小説「機動戦士ガンダム」をここまで読んだ中でもっとも印象的なシーンでした。

ちなみに…

アニメではマチルダさんの死もショッキングでしたが、小説ではマチルダさんは(今のところ)ほんの少ししか登場していません。戦死もしていません。

死の一瞬が5ページにわたって描かれる

クスコ・アルは、アムロのガンダムが放ったビームライフルで亡くなります。

一瞬のできごとです。

その一瞬が、5ページ以上にわたって描かれています。

クスコ・アルが散っていく瞬間…

アムロは彼女の幼い頃のしあわせな光景を見ます。やわらかく幼い歌声と、あたたかい家族のようす。クスコ・アルのお母さんが見えます。お父さんが見えます。……クスコ・アルが父に手ほどきされながら奏でる「G線上のアリア」が聞こえてきます。……クスコ・アルの白い指が見えます。日記を書いています。文字が見えます。「わたしは愛に生きるのです。」 ……クスコ・アルのお母さんの腹部に銃剣が突き立てられます。お父さんは撲殺され、血の海に倒れています。連邦軍の兵士が笑っています。タバコのヤニで汚れた歯ぐきが見えます。……

アムロは、クスコ・アルの乗るエルメスを撃った瞬間、上のような光景を見ました。見たというより感じたと言ったほうが良いかも知れません。

この一連のシーンの衝撃と、心に迫る切なさはすごかった。

ニュータイプの感じ方

アムロは「敵」であるクスコ・アルのエルメスを撃ちました。でもすぐに罪を犯したと感じます。そのときには、もうすでにクスコ・アルの体はビームライフルで焼かれていました。

アムロは、クスコ・アルの大切にしていた家族の温かさを知り、それを奪われたつらさを知りました。

人を誤解なく理解できるのがニュータイプだという話があります。

だとしたら、このシーンの感じ方は、まさにニュータイプのものの感じ方を文字に起こした場面なのかも知れません。文字に起こすのと実際に感じるのとでは差異はありますが、あえて文字にするなら、こういう形になるんですね。

『機動戦士ガンダム』はこれだからすごいし、ガンダムが生み出したニュータイプという概念は、これだからすごい。って、そう思いました。

けなげなフラウ・ボウ

それからフラウです。

第1巻のパート4でフラウ・ボウが車の整備士を目指していることを書きました。この章では、その後のフラウが登場します。

ツナツーで、カツ、レツ、キッカの面倒を見ながら一生懸命仕事をするフラウは、見ていて応援したくなります。

さらにけなげなのは、アムロへの想いです。

「どんなことがあってもいい!手足がなくなっていてもいい。他に女の人ができていてもいい。生き残って!」

と、フラウはアムロを想いつづけています。

小説「機動戦士ガンダム」の見どころ トップページ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする