アメトーク「本屋で読書芸人」 三浦靖子さんオススメの本

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PR

先日のアメトーークは「本屋で読書芸人」でした。

出演は、ピース又吉、オアシズ光浦、オードリー若林、メイプル超合金カズレーザーです。

三浦さんがオススメしてくれた、今年(2016年)読んでおもしろかった本をメモしておきます。

スポンサーリンク

コンビニ人間

まずは村田沙耶香さんの『コンビニ人間』。これはピースの又吉さんもオススメしていました。

コンビニ人間
コンビニ人間

鳥打ちも夜更けには

そして金子薫さんの『鳥打ちも夜更けには』。鳥打ちとして働く3人の青年の物語。架空の夢のような島で、鳥打ちという架空の仕事をしている3人。そのうちの1人が、鳥を打つことがいやだと言いはじめる。三浦さんいわく「世界観がすごい」そうです。

鳥打ちも夜更けには
鳥打ちも夜更けには

グローバライズ

木下古栗さんの『グローバライズ』。短編集。会社員の同僚2人がふつうに温泉に入っている話なんだけど、最後の1行、2行でドーンとぜんぶひっくり返される話だそうです。おもしろそう。

グローバライズ
グローバライズ

少年聖女

鹿島田真希さんの『少年聖女』。

少年聖女
少年聖女

挫折を経て、猫は丸くなった

そして『挫折を経て、猫は丸くなった。: 書き出し小説名作集』。

挫折を経て、猫は丸くなった。: 書き出し小説名作集
挫折を経て、猫は丸くなった。: 書き出し小説名作集

これは架空の小説の416本の冒頭(書き出し)だけを集めた本だそうです。

たとえば…

「オセロ部の誇りにかけて、不良から部屋の角だけは死守した。」とか。

「多分、トングのようなもので挟まれている」とか。

架空の小説の書き出しだけを集めた本。読みやすくておもしろそうですね。

関連記事
ピース又吉さんオススメの本
カズレーザーさんオススメの本
オードリー若林さんオススメの本

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする