サンタクロースにまつわるアメリカのおしゃれな法律

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

「世界のオザワ」といえば、指揮者の小澤征爾さんと、スピードワゴンの小沢さんですよね。

スピードワゴンの小沢さんは、クリスマスの口説き文句として「イエスが生まれた日にノーは言わせない」という名言を残しています。おしゃれ。

そんな小沢さんが『やりすぎ都市伝説』でクリスマスにまつわるオシャレなエピソードを語ってくれました。

アメリカでの出来事です。

スポンサーリンク

サンタクロースが入れない州

アメリカのメリーランド州には、トナカイの搬入を禁止する法律があります。感染症などを予防するためです。

つまり、トナカイはメリーランド州に入れないんです。

トナカイが入れないということは、トナカイの引くそりに乗ってやってくるサンタクロースも入れないということです。

悲しむ子どもたち

トナカイやサンタクロースが州に入れないことを知って、子どもたちは悲しみました。

「パパ、ぼくらの州にはサンタクロースは来れないの?」

パパはメリーランド州の議員でした。

あたらしい法律

パパは動き出しました。

仲間の議員や州知事と相談した結果、あたらしい法律がひとつできました。

その法律というのが…

12月24日の夜に限り、トナカイがメリーランド州の空を飛ぶことを許す

というもの。

粋ですね~。

アメリカのおもしろい法律

以上、サンタクロースにまつわる、アメリカのおしゃれな法律でした。

ところで…

アメリカには他にもおもしろい法律がいろいろありますよね。

円周率は4

どこかの州では、円周率は4だという法律があるそうです。(追記:調べたらインディアナ州だそうです)

円周率が「およそ3」という話は聞いたことがありますが、4というのはダイナミックですね。さすがアメリカ。スケールが大きい。

音程を間違えたらダメ

ノースカロライナ州では、歌うとき音程をはずしたらダメという法律があるそうです。

えーっ!

困ります。ぼくはとくに困ります。

おかっぱを昇進させてはダメ

アーカンソー州には、おかっぱの髪型の教師を昇進させてはならない、という法律があるそうです。

ずっと前に『さまぁ~ず×さまぁ~ず』という番組でやっていました。

さまぁ~ずが「ふかわはアーカンソー州に行けないな」とコメントしていました。

いや、「ふかわをアーカンソー州に送り込もうか」だったかな。

なんか、そんな雰囲気のコメントです。

いろんな法律、おもしろいですね。おしまーい。

関連記事
サンタクロースが煙突から入ってくる怖い理由